Analyzer

アメリカに住んでいた、ある高校生の記録。 (元ブログ名「星条旗と俺。」)

スポンサーサイト

Posted by yonish on

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

この記事をシェアする!
拍手する

ゼンゼンプレゼンオワランゼ

Posted by yonish on   7 comments   0 trackback

新年早々更新できてなくてすみません…(-_-;)
忙しいです。
冬休みダラダラしすぎたせいかもしれませんが…



学校で、映画についてプレゼンする課題が出てまして。

生徒がそれぞれ自分の好きな映画や、
先生が持っている映画のリストの中から一つを選んで、

その映画についてレビューを書いたり
プレゼンテーションを行う課題を出されてるんですが…


…なかなか終わりません。


っていうのも、選んだ映画が正直あんまり好きじゃないんですよね…(゜-゜;)

2002年の「The Time Machine(邦題:タイム・マシン)」っていう映画なんですが、、
あまりストーリーの流れが洗練されてないと言うか…

色々と出来事が唐突だったり、説明足らずな部分とかがあったり。。



でもレビューをネガティブに書くわけにもいかないので…
頑張って良いところを探して書いてます。

…これはこれで何かの練習になるかもしれない(ぇ


書いてるうちになんだか良い映画のように思えてくるのも不思議です。
でもそんなもんなのかもしれませんね。

ネットでこの映画の批評を見ると、確かに評価もあまり良くありませんし、
批判的な意見ばかりが載せられてますが…

そういうのを読んで批判的な感情になったまま映画を見れば、悪く映るのは当然です。

逆に、もしネットのレビューが良いものばかりだったら、
この映画も良いものだと感じながら見られるのかなぁと思うと、
不思議とそれほど悪くも感じないもんです。



…ということで、一応3回見たんですが…

1回目に見たときよりも3回目に見たときの方が、
やはりというか、良い後味で見終えることが出来ました。


心底ポジティブシンキングって大事だなぁ…と。。


小論文を書くときとかにも使えそうなテクですし…
練習しといて損はないかもしれませんね。



…そんな感じで、レビューは無事に終わったんですが。。。



…プレゼンどうしよう。


参考:ちなみに出された課題文はこんな感じ。↓↓

SUBJECT: College & Career Readiness Writing Assignment

POINT VALUE: 250 Total Points

This project will involve the student crafting a film review that is “subject appropriate” (relevant to the course he is currently taking).

The student will be required to write a review of a film that is of an artistic or historical nature that deals with some topic we have or will be covering in this course. This is to be written as a real “film review” and not just a film summary. This work is to be typewritten and between 300-500 words in length and will be worth 100 points. The paper will be graded both for content (50%) and grammar (50%).

On the day the project is presented the student will make a 3-5 minute (I will have a stop watch) presentation (talk) of his film and tell the class why he did or did not like the film as a work of art and history. He will be expected at that time as well to present a 3-5 minute clip of his film in DVD or VHS format to illustrate the ideas he is presenting to the class. This presentation is also worth 100 points and will be graded according to the rubric that is attached to this assignment document.



厳しいぜとっつぁん…


スポンサーサイト

この記事をシェアする!
拍手する

Comment

orangenz "No title"
初コメ失礼します!最近このブログ読み始めました新参者ですがよろしくお願いします!(ちなみに私もニュージーランドで生活中の高校生です)

プレゼンの課題興味深いですね!私は映画を見てレビューを書くというのが苦手です^^;英文のスピーチは問題ありませんが・・・ところでこの課題のポイント制はなにか成績に関係があるのでしょうか?

初コメながら長文失礼します。。。
2012.01.10 03:35 | URL | #- [edit]
yonish "Re: No title"
◇orangenzさん
こんにちは!
orangenzさんのブログは確か、ブログ村のランキングで見かけたような気がします。。
同じような境遇の方とお話しできて嬉しいです!(´∀`)


僕は逆に、どちらかというと読み書き派なので…(^_^;)
レビューのような文章を書く方がプレゼンよりも得意です。。

大勢の前で喋るのはやっぱり緊張しますし(゜-゜;)


ポイントについては書くの忘れてましたが…!(ぁ
ここでついた点数はそのまま成績の中に入ります。
最終的にA-Fで表される成績は、さらに宿題やテストの点数なんかも含めた%で決まります。

前学期は全ての課題を合わせて1150点が100%だったので、
単純計算で、この課題につく250ptsは学期の1/4の成績を占めることになりますので…
かなり重要な課題です。。


アメリカだとどの教科もこんな感じの成績の付け方です。いわゆる絶対評価です。
NZでの成績の付け方は分かりませんけれども…!笑


そちらのブログへも遊びに行かせていただきますね!(´Д`)
2012.01.11 02:29 | URL | #- [edit]
"管理人のみ閲覧できます"
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2012.01.11 08:48 | | # [edit]
Lynn "始めまして(^-^)/"
ブログ村のランキングから見つけて
しょっちゅう読んでます!

私も留学生?なのかな
今年の三月から大学でESL受けて
九月からアメリカの高校通うんです

いまアメリカに旅行できてます

一ヶ月たったんですけど、もう相当落ち込んでて、自分で決めたのに後悔してきてます泣

原因は言葉の通じなさとカルチャーショック泣

とくにアメリカ人の性格のはっきりさというかずうずうしさにショックでいつも落ち込みます泣


そうゆう時、どうしました?

すっごい気になります!


あとアメリカの高校の授業の仕方とか
生徒たちの一日てきなのとか

教えてください!

とくにレポートとかプレゼンとか
日本の感覚的に
まじで?はずい!ムリ!みたいに思っちゃうんですけど

そうゆうの詳しく教えてください(>_<)


いっぱい質問ごめんなさい泣


応援してます(^-^)/
2012.01.11 21:23 | URL | #- [edit]
yonish "Re:"
◇1/11のコメの方
送っときました。。
確認してみてください。


◇Lynnさん
初めまして!
コメントありがとうございます。

旅行というよりは、下見みたいな感じでしょうか?

全く違う土地へ来て、戸惑うことがあるのは当然です。
後悔を感じてしまうのも無理もありません。。
周りが違うのだから、自分も変わらないといけません。
とはいえ、やっぱり慣れるまでは大変だと思います。


まず。
ここはアメリカです。日本ではありません。
アメリカ人も日本人も人間ですが、やっぱり基本的な性格は違います。
ジャパニーズ・ウェイが常に通るとは限りません。

>とくにアメリカ人の性格のはっきりさというかずうずうしさにショックでいつも落ち込みます泣
これは、アメリカ人はそういうもの、と割り切ってしまいましょう。
アメリカ人は興味が無ければ無視します。
はっきりと物事を言うのは、何も悪意があってのことではありません。
むしろ、「こうすればいいよー」という思いやりから来ているのかもしれません。
責められたと感じても、あんまり深く気にしなくていいと思います。

相手が図々しいということは、相手も図々しくされているのに慣れているということです。
相手と同じ態度を取っても相手は気にしません。たぶん。
自分も図々しくなってやる!くらいの意気込みで行ってしまっても大丈夫ですよ!( ̄▽ ̄)

もちろん、アメリカ人の中にも、驚くほど性格が日本人っぽい人もいます。
そういうウマの合う人を探してみるのも手だと思います。


というか、アメリカ人の性格のはっきりさを感じられるだけの英語力があるだけスゴいですw
(僕は最初、何言ってるのかすらわかりませんでした…(゜-゜))

言葉に関しては、あんまり気にすることはありません。
自分より文法がメチャクチャなメキシコ(?)人が意見を張り切って主張しているのを見ると、いつも勇気づけられます。
とりあえず主張してみましょう。きっと分かってもらえます。
相手からみれば、何も言わないのが一番困ると思いますし。。


開き直ってしまうのも良いと思います。
僕はもともとシャイな性格だったので、コンビニで店員と話すのも苦手だったのですが…
アメリカでは「どうせ下手な英語だから」と割り切っていたら、いつの間にか話せるようになりました。
ダメ元っていうのは怖いもんです。。( 一一)


あと、愚痴るのは大事ですw
僕は家族と一緒にアメリカへ渡り、学校にも日本人が割といたので恵まれていると思いますが…
そうでない場合は、インターネットを活用してみましょう。
思いっきり愚痴りましょう。ため込んではダメです。
Skypeで家族や友達と話しましょう。
ブログを始めるのも結構いいと思いますw

僕に個人的に愚痴ってもらっても構いませんし。。
愚痴られるのは慣れてるので(ぁ


facebookを持っていないなら、一度作ってみるといいですよ。
何かと役に立つので!ヽ(´∀`)ノ


あとはアメリカの学校に関して…
ここから先は僕の学校での話なので、どこでもそうなのかは分かりませんが。

アメリカの授業は、基本的にディスカッション形式です。
先生にもよるんですけどね。
数学はやっぱり日本と似たような感じですが…
EnglishやHistoryの時間は生徒と先生の間の意見交換とかも多いです。
先生からほぼ一方的に教授してもらう日本とは大きく違いますね。

宿題は多めですw
宿題の分量はアンバランスなので、平日は多く、休日は少な目です。。
長期休暇は宿題が全く無かったりもします。

たまに「Project」と呼ばれる大きな課題があり、
ポスターを作ったり、PowerPointでスライドを作ったり、パンフレットを作ったり…
その内容は様々です。
プレゼンテーションはたまにあります。年2回くらいかな?
恥ずかしくて声が小さくなって、相手に聞こえないのが結局一番恥ずかしいので…
自信を持って、割り切って、思い切って喋ります。
(カンペを読み上げるだけでも許してくれると思います)

先生は相当意地悪でなければ(たまにいます)結構柔軟に対応してくれるので、
事情さえ話せば、課題の提出日を伸ばしてくれたり、ノートをくれたりします。
先生とは良い関係を築くのが大事です。


僕の地域では朝7:00にバスが来て、7:30に始業です。
授業間の休み時間は各5分。
先生が動くのではなく、生徒が先生の教室へ行く形なので、
この時間で教室を出、ロッカーへ行き、別の教室へ向かうとほとんどギリギリです。。

昼ごはんはカフェテリアで各自購入。ランチボックスも可です。
ハンバーガーやポテト、チキンナゲット、スパゲッティ、タコスとかそんなのが多いです。

帰りもバスに乗って帰宅します。2:25終業です。
日本だと部活に入ってなくても5時くらいだった気がするのでこれは楽です。。


ここからは宿題タイムです。
最初の頃は課題も全然わからないので、Tutor(家庭教師)を頼むことを強くお勧めします。
日本人繋がりで頼むのも良いですし(僕も一回やったことがあります…)、
アメリカ人の先生でもいいと思います。ESLの先生に頼んでいる人も結構います。

宿題は、慣れてきても数時間かかることがほとんどだと思います。


こんなところでしょうか…?
まだ何かあれば聞いてください


アメリカで暮らすというのは不安がいっぱいです。
英語が分からず悪い点を取って、何やってるんだろう、
どうしてこうなったんだろうと落ち込むこともあると思います。
でもそれだけではもったいないですよね。

留学とのことなので、自分の意思で来られたのでしょうか。素晴らしいと思います。
日本にいた頃、何を思ってアメリカへ来たのか。
それはとても大事なことです。

アメリカへ来て、何を知りたかったのか。どうなりたいのか。
そういう目標はメモするなりして、覚えておいてくださいね。
目標を達成した未来の自分をイメージして、モチベーションを高めてください。
自分は正しいことをしているんだ、と言い聞かせてください。
アメリカでの経験はきっと役に立つと思います。。


ちょっと長かったですね!すみません!
言ってることが偉そうに聞こえたら申し訳ないです…

頑張ってくださいね。応援してます。
2012.01.12 02:53 | URL | #- [edit]
"管理人のみ閲覧できます"
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2012.01.28 03:19 | | # [edit]
yonish "Re: タイトルなし"
◇1/28のコメの方
送っておきました!
ちゃんと届いてるかな…?
2012.01.29 20:46 | URL | #- [edit]

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://starsme.blog.fc2.com/tb.php/127-f59ca762
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。