Analyzer

アメリカに住んでいた、ある高校生の記録。 (元ブログ名「星条旗と俺。」)

スポンサーサイト

Posted by yonish on

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

この記事をシェアする!
拍手する

置き去りの星条旗。

Posted by yonish on   10 comments   0 trackback

月を覇したその星条旗は、誰の目にも触れない。
日の目を見たその星条旗は、忘れ去られゆく存在。




でもそこには確かに、かけがえのない物語があって。
そこには誰かが必死に生きて、
誰かが必死に辿り着いた記憶があった。




忘れ去られた誇り高き星条旗は、
いまもそこにありつづける。




月に置き去りの星条旗は、
誰かが「そこにいた」証明で、
確かに「そこにあった」物語。






置き去りの星条旗。



「そこにいた」僕の、
「そこにあった」物語。





俺の手には、星条旗はもうないけれど。


今もそこにある星条旗。







…という夢を見たんですよ(ぇ




はい。まぁ。


恥ずかしいので、
毎行最後に「(笑)」を付けるのが正しい読み方です。



ブログタイトルは当然ながら、
元の名前、「星条旗と俺。」を意識して付けました。


説明書きはたぶん10分くらいで書いたので本当に気にしないでください恥ずかしい(


いわずもがなだと思いますが、アポロ11号の話です。
飛行士が月に星条旗を刺すあの感動的なシーンも、カメラがなければただの荒れ地です。

でも、月に行ったドラマは、誰もが覚えているわけで。
その話から勇気をもらった人、
宇宙飛行士を目指す人もたくさんいるだろうと思います。


このブログも、そうやって誰かに勇気を与えられればいいな。
そういう思いで、このタイトルを付けました。


ちなみに、その星条旗はアポロ離陸時の衝撃で倒れてしまったそうです。
情報源が微妙なので、真偽のほどはわかりませんが。。




新ロゴは飛行機の中でガチャガチャと作りました。
すっごい即興なので。
近々変えるかもしれないです(

本当はアイコンも変えたかったんですが、面倒なのでこのままでいきます(

一応作りはしたんですけれどもね。
あんまり好みではなかったので…



テンプレートはできる限り前と操作感の似たものを選んだので、おそらく戸惑わないと思いますが…
何か問題があったらお気軽に言ってください。
ツイッターやfbみたいなシェア機能はまだ付けてませんがすみません。。

「お知らせ」欄は、ぶっちゃけあんまり需要が無かった気がするので存在自体を検討中(ぁ

元のテンプレートで読みたい!という物好きな方はこちら(ぇ



そんな感じで、「置き去りの星条旗。」としての再出発ですが。

更新頻度も、前にも増して低くなってしまうかもしれませんが…


yonishとこのブログを、またよろしくお願いします!m(_ _)m


スポンサーサイト
この記事をシェアする!
拍手する

HOME

Posted by yonish on   2 comments   0 trackback

自分がこの場所に住んでいるんだ、っていう自覚を持ち始めたのはいつなんだろう。


アメリカが僕の「HOME」になって、
日本が僕にとっての「外国」になったのは、いつからだろう。

「アメリカに『帰る』」っていう表現に、
違和感を覚えなくなったのはいつからだろう。


そう思うと不思議なんですけどね。




今までに何度も触れてきましたが、

最初はすごく抵抗したんです。
アメリカに行きたくない、と。


友達と別れたくないだとか、初めての外国だからだとか。
理由はいくらでもあったと思います。


今でも、やっぱりアメリカへ「行かされた」っていう思いは強いです。
それが、少なからず僕のアメリカでの成長へネガティブな影響を及ぼしたのも事実です。


でも、いつの間にか受け入れるようになって、ここに住んでいるという自覚をするようになって。

車社会でロクに買い物には行けないし、遊びにも行けないし、
アメリカ人にイライラさせられることもたくさんあったし。


でも今では、この場所が好きなんだと思います。

それだけでも、変われたな、と思うんです。



変わることってこんなにあっさりしてるんだな、っていう実感が強いです。
どれだけ抵抗していても、次第に順応してしまうのが人間の素晴らしいところで怖いところ。

日本に帰ったら、またアメリカのことも忘れちゃうのかな。
そう思うと、日本に帰ることもちょっぴり怖いです。

どうなのかな。


でも、ここで育ったことは忘れないと思うので。
ここは僕にとってかけがえのない、第2のHOMEだから。





さて。。

この記事が、僕のアメリカでの最後の記事になると思います。

今日の朝のフライトで、いったんサンフランシスコへ飛びます。
そこで一泊して、さらに翌日に成田に飛びます。

なので厳密には「最後の夜」ではないわけなんですが、
少なくともこの家と、この場所からはお別れしなければならないので、僕的には最後の夜、です。

最後の晩餐は久々に外食してきました。

肉ウマス(
このステーキ肉が日本で食べられなくなるのは悲しい。




今後のこのブログについて。



ちょっと告知をしておきます。
日本に住む以上は、もう「星条旗と俺。」っていうタイトルは使えないですよね。




なので、、



まず、思い切って、


ブログタイトルを変えます。




新タイトルは…








お・た・の・し・み(ぇ




でも自分なりに考えたつもりなので、
どんなものでも受け入れてやってもらえると嬉しいです。


ググるときにちゃんと引っかかるように、
「星条旗と俺。」っていう文字列自体は、ブログのどこかに入れておくつもりです。




それから、ブログデザインを一新します。



いきなり来てみて、
「あ、すみません、人違いでした☆」
ということがないようにお願いします(ぁ

URLとかそういうのは変えないので大丈夫だとは思うのですが。





ここまで無事に今までやってこられたこと、
ブログを続けてこられたこと、
全て僕の家族、友人、先生方、そしてブログ読者さんの皆様のおかげです。

本当にありがとうございました。



アメリカの話題は少なくなると思いますし、
更新頻度自体が落ちるかもしれませんが、
これからもちょくちょく見ていただけると嬉しいです(*^_^*)





すっげー余談(自慢)

帰国に使うのはビジネスクラスです。
来るときに続けて2度目。

実はアメリカに来たときは、そもそも長距離国際線が初めてだったので、
「へーこんなもんなんだー」程度に思ってました。
すっげースミマセン m(_ _)m

ガキにビジネスクラスなんて乗らせるもんじゃないね(




今はエコノミー慣れで、恩恵も価格も十分に理解しているつもりなので。。


それだけでも、
変われたな、と思うんです(爆


ビジネスクラスタノシミダ…


この記事をシェアする!
拍手する

TOEFL結果・SAT終了(June 2012)/A Week Left

Posted by yonish on   6 comments   0 trackback

金曜日に、先々週受けたTOEFLの結果が来てまして(゜Д゜;)


Reading: 29
Listening: 21
Speaking: 23
Writing: 25

Total: 98


工工エエェェ(;Д;)ェェエエ工工

あと2点で100なのに…
マジかよ。


Readingだけ高いのはアレですね、SATばっか勉強してたからだと思います。
何事もバランスだなと…汗


Speakingには端っからそこまで期待しちゃおりません(
Writingはスペルミスとか多かったかな。。


問題はListening。
コイツですね。

実はですね…
トイレに行きたくて行きたくて(汗

TOEFLは一回しか、それも10分しか休み時間が無いので困ります(-_-;)
朝からお腹が痛かったりするともう絶望的ですね…


やっぱり朝に紅茶を飲んだらダメだなぁと(
見苦しい言い訳ですがorz



早稲田はもう来週から出願始まっちゃうので(汗
結構切羽詰まってます。。


98っていうのはとりあえず僕の中では最高なんですけれども…
これではちょっと足りないので、6/30に日本で受験することにしました。

会場がほとんど残ってなかったのでラッキー。


今度こそは105点オーバーを目指します(゜-゜;)






あとは土曜日に、最後のSATを受験して参りました!(`・ω・́)ゝ


回数にしてのべ8回目。

額にして4万円+αと(
内訳: Reasoning($49)×7 + Subject×3($22 + $11×3) + SAS($13)×1 + QAS($18)×2 + 参考書



我ながら凄まじいです(゜Д゜)



テストの結果は見てみないと分かりませんけどね!
でも数学も、前回のように気付いたミスはないです。今のところは大丈夫。
どうかな…


ちなみに、5月のSATの結果は1970でした。
既述の通りReadingをミスってました。。




SATもようやく終わったので、、、

参考書ももう用済みです(´Д`)


今まで幾度となく戦いを共にした心強いパートナーたちですが…

今度は後輩の役に立ってもらいましょうかと!
知り合いに差し上げるなり売るなりするつもりです。



ちょっとさみしい(´・ω・`)





さて。


僕のアメリカ生活も残り一週間を切ってしまいました。(´Д`)

やべぇ。


今日、ヤマト運輸さんに航空便に載せる荷物の引き取っていただいたので、
これであとは、私物は身とスーツケースだけです。

まだ父が残るので、家の中はそこまで寂しいことにはならないと思うんですけどね。


でもようやく実感がわいてきた気がします。


TV Japanで日通さんの、
「たくさんの思い出を、ひとつひとつ大切にしまって」
みたいな、引っ越しサービスのコマーシャルがあるのですが。

今までは他人事のようにボーッとみてたCMですが、
現実味を帯びると、全く違った見え方がするんですよね。

当事者じゃないと分からない気持ちですね…
複雑な気持ちです。



ネットは繋がると思いますが、
無線LANは使えなくなるので、記事の投稿ができるかちょっと分からないです。

多分できますが。。
ってか今もできてますが(



残り数日のアメリカ生活ですが、
SATも終わってしまいましたし、TOEFLの勉強を本格的に始める気もまだないので(ぁ

塾の宿題とかZ会をぼちぼちこなしながら、メッセージカードとかも書きながら、
お別れ会なんかにも行きながら、まったりと過ごそうかなと思ってます。


iMyricsの開発も放棄してましたが、久しぶりに手を付けられるかな…?
もしずっと待ってらした方がいればすみませんでした。

実は開発自体は、ちょっと手を加えればもう完成、くらいにはなっているんですけどね。
っていっても、見栄えだけで、目立った新機能とかは付いてませんけれども。
あとはバグ取りをメインにやっていくだけなんですが、そういうのもできたらなと思ってます。



まぁ、まだちょっとやることは残ってます。
でもそれでも、今までの忙しかった時期に比べると、驚くほど


ヒマです(



でも暇でいられるのも今だけなのかなぁ。と。


大学受験って実際どんなものなのかよく分からないんですよね。
日本の高校も受験してないし、
アメリカの大学は受験、っていう感じではありませんでしたし。


来年の今頃は大学にいるんだろうな、と思うと不思議な気分です。
ちょうど去年にも、似たようなことを書いた気がしますけどね。ちょっと違うか。


未来っていうのは本当にわかんないもんです。
でも、分からないからこそ興味があるというか。


どう転がるかは自分の努力と運しだいだと思ってます。
ただ、受験っていうのはやっぱり後悔したくないイベントなので。

どんなに運が悪かろうと、
言い訳はしたくないです。


言い訳をしなくて済むような、そんな一年にしていかなきゃなと。


それだけ考えていれば、具体的な目標はいらないかな。
目指すは東大。それは決めた。

でも、受験での成功だけが全てではないと思うので。



とにかく、真面目な人間でいようと思います。




何だか凄く話がズレましたが!汗


荷物は詰めたので、引っ越しって言っても特にすることはない気がします。


泣いても笑ってもあと5日間。

アメリカ生活の、5/1400。



やっぱり切ないな。




P.S: メールをくださった方
お返事を書かせていただきました。遅くなってしまって本当にすみません。
また何かあればお気軽にご連絡ください。


この記事をシェアする!
拍手する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。