Analyzer

アメリカに住んでいた、ある高校生の記録。 (元ブログ名「星条旗と俺。」)

スポンサーサイト

Posted by yonish on

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

この記事をシェアする!
拍手する

Grad Dress

Posted by yonish on   4 comments   0 trackback

昨日はメモリアルデーでした。

戦没者追悼記念日…って言うのかな。。

特にイベントとかには行きませんでしたが、
Facebookに書き込んでる人が多かったのが印象的でした。


メモリアルデーは祝日に指定されています。

僕はもう夏休みなのであんまり関係ないんですけどね!ヽ(´∀`)ノ





さてさて。。


遅ればせながら、卒業式の衣装について!


アメリカの卒業式で着る服は学校によって違います。
スーツで卒業式を行うところも結構多いとか。

でも、ローブをレンタルして卒業式を行うところも多いです!(´∀`)



なんだか最近よく引き合いに出している気がしますが、
ハリーポッターを見たことがある人なら何となくイメージしやすいと思います。


あのローブです(´Д`)


本人バレがあるのであんまり僕の写真は出さないんですけどね!
こればっかりは写真がないと説明できませんので、ひっそりと写真を出しときます。。


俺。



手に持ってるバラは卒業の時にもらいました!


まず着ているのはローブ…ですが、
英語ではGownと呼びます。


生地が分厚いので暑いです。かなり。
襟がチラっと見えてると思いますが、下にはYシャツを着てます。
借り物なので、卒業式の直後に学校へ返却します。。
(返却してしまうので、帰りはYシャツで帰りました)



次にあの帽子
そのまま、Capと言います。

頭のてっぺんは平たい正方形です。
頂点を前にして被ります。

落ちないか…と心配になりますが、
正方形の下にはちゃんとゴムバンド付きの被るところがついているので意外と落ちません。
安定してます(´∀`)笑

正方形の中にはボール紙みたいなものが入ってるみたいです。
卒業後にもらえます。



帽子にぶらさがっているのはTasselと呼ばれるストラップ
帽子のてっぺんにひっかけてあります。

ひもがジャラジャラと束になっています。
色はスクールカラー(学校の指定色)です。

こちらも卒業後にもらえます。

が…僕はもらえないと思ってたので、もう一個別で注文しちゃったんですよね…(
そんなわけで2個持ってます。。
どうしろと(


これは卒業後なので、帽子の左側に垂れ下がっていますが…
卒業前の写真では右側についています。
卒業式終了の直前に、卒業した証として付ける向きを変えるのがならわしです。

これは引っかかっているだけでバランスが悪くて、結構落ちます(



次に、頭ではなく肩からぶら下がっているヒモ
Graduation Cordや、Honor Cordと呼ばれます。
うちの学校では、特定の学業関係のクラブに入っているともらえます。

これらのクラブに入るのには、緩い審査があります。

ある程度成績が良くないともらえないというのと、卒業式でぶら下げているとちょっと目立つので、
付けていればちょっとステータス的な感じがあります。。

僕がぶら下げている2本はそれぞれ、
Science Honor SocietyとMath Honor Society(理科と数学)のクラブでもらったものです。



あと目立つのは、水色の涎掛け(※肩掛け)ですね!(ぇ

Stoleと言います。

これはNational Honor Societyというボランティアクラブのようなものに入っているともらえます。。
入部時記事はコチラ!

こっちは審査があるだけではなくて、
年間を通して決められた量以上のボランティアをこなさなければならないので、ちょっと苦労しました( 一一)

卒業式ではやっぱり結構目立ちます。。

National Honor Societyはうちの学校だけではないと思うので、どこでも共通なのかな…?
色はちょっと違ったりもするみたいですけどね!



最後に、首からぶら下がっているメダル2つ
1つは「卒業」のメダルで、もう1つは「成績上位10%」のメダルです。。



これで全部かなと思いますヽ(´∀`)ノ

何となく分かっていただけたと思いますが、、
学業関係でいい成績を取ったりすると結構目立ちます(゜-゜)

ひけらかす…のが目的というわけじゃなくて、それだけ評価してもらえるということなんだと思います。

実際、学校生活の中でも、アメリカはスポーツ面だと表彰が多いんですが、学業面の表彰は少ないというか。
それだけ最後に報われるってことなのかなぁと。



日本だと卒業式には普通に制服で出席するんだと思います。
それも趣というか、伝統的で良い卒業式ですけどね。
日本の卒業式に出られなかったのはちょっと残念です。


でも、「これぞアメリカ!」みたいな感じの卒業式に出られたことは嬉しいです。
この四角い帽子はなかなか被れない&もらえないものだと思いますし!ヽ(´∀`)ノ


ちなみに、映画か何かで、
卒業式の最後に四角い帽子を投げるシーンとかを見たことがある方も多いと思いますが、

実際は投げても投げなくてもどちらでもOKです(

僕は最後まで知らなかったのですが(汗)、帽子は最後はもらえるものですので。。


ただ投げてしまうとあとで自分で回収しに来るのが面倒です(ぁ


僕はせっかくなので投げてみたんですが、、
コントロールが悪くて女の子に当たってしまったっぽいです(ゴメンナサイ…


さらに後で近くの人が「これ落としたよ」と拾ってくれたんですが、、
被ったらちょっとサイズが違うっぽいんですよね(
恐らく誰か別の人のをもらってきてしまったんじゃないかと(゜-゜)


まぁ2度と被るもんでもないでしょうし、構わないんですけどね!( ̄▽ ̄)笑




最後に、衣装の話じゃありませんけれども。。



アメリカは庭に、よく旗みたいなものが刺さっています。

売りに出ている家も「For Sale」みたいな感じで刺さってますし、
軍関係だったり、応援しているチームだったり旗の種類はいろいろです。

近所の人が見てすぐわかるのでアピール!みたいな感じです( 一一)


それは卒業も例外ではなく!( ̄▽ ̄)

卒業式後には学校に「旗畑」みたいなものがありまして。。
卒業生の名前と学校名、
それとCongratulation!というメッセージの書かれた旗がたくさん刺さっています。


旗畑


ここから自分の名前のある旗を持って行って、家の庭に刺すわけです( 一一)


なので卒業生の家は一目瞭然です。
うちの近所にも結構刺さっている人がいっぱいいます。。

思い立って、ちょっと近所旗巡りみたいなものもしてみたんですけどね!笑

思った以上にクラスメイトが近所にいるのでびっくりしました!(゜-゜)

今更ですが( ̄▽ ̄)笑ホントに…



そこまでアピールするか!って感じですけどね!(^^;


スポンサーサイト
この記事をシェアする!
拍手する

GRADUATION!!

Posted by yonish on   18 comments   0 trackback

初めに、、
少々余談ですが…



18歳になりました!ヽ(´∀`)ノ



アメリカで18歳っていうと、選挙権がもらえたり(アメリカ市民に限る)と、
いろいろと大きい変化なのですが、、


日本だとあんまりそうでもないかな…?
自動車免許取得と結婚はできるかもしれませんが!

あと18禁解禁と(ぁ


ついでにアメリカは18になると、
有事の際のための軍隊への召集(Draft)に登録しなきゃならないそうです。

って言っても、本当に緊急時限定ですし、
僕は帰っちゃうので関係ありませんが(ぁ


まだプレゼントとかは特にもらってませんし、
うちの家族ですら忘れてたほどなので…(ぇ

でも学校の遊園地への卒業遠足が重なってくれたおかげで、
なかなかに楽しい誕生日を過ごすことができました!


少なくとも、去年よりは充実してたなぁと!(´∀`)





そしてそして。。


無事に高校を卒業しました!ヽ(´∀`)ノ


あぁ良かった良かった(


卒業式にて。



まぁなんだかんだ言って4年間生活した場所なので、少なからず思い入れもあったというか。

これでアメリカ生活最後の学校なんだな…と思うと切なくなりました。(´Д`)





学校最終日(卒業式の前日)は、
僕は卒業生なので、卒業式の練習後は早退(Early Dismissal)できたのですが、
弟を含めた在校生は、学年末テストの真っただ中だったのでちょっとかわいそうでした。。



それでも、すぐに早退するのもなんだか心惜しかったので…

アメリカに初めて来た時にお世話になった、
ESL(外国人向けの英語のクラス)の先生とも、お礼にちょっと教室へ寄って話をしました。
いろいろ少し話しましたが、「Facebookでも話せるからね」と言う感じで、あまり「さよなら」という気はしませんでした。

これを昔と比べて良い変化と感じるか、悪い変化と感じるかはお任せします。
でも個人的にはちょっと寂しい気もします。( 一一)


最後に、プレゼントと言って本を頂きまして。
「卒業生に贈る言葉集」みたいな本で、
Godという言葉がたくさん入っているキリスト教系の本です。

でもちらっと見た感じでは、共感できる内容も多いです。
あとでちゃんと読もうかなと。
大切にしたいです。



あとはちょっと前の話になってしまいますが、
思った以上に色々な表彰をされてしまって。

今年1年の皆勤賞とかも頂きました。
一昨年祖母の法事で日本へ帰国したため、残念ながら4年間の皆勤賞は無理でしたが。。


一番嬉しかったのはOutstanding Math Student(数学優秀賞)の表彰でした!
先生が直々に、高校から1人だけを選んでくださったので特に嬉しかったです。(^^

僕は数学でしたが、
他にも英語や理科、社会科などでも同様な表彰があります。
アメリカではこうやって、積極的に生徒を評価しようというスタンスな部分が大きいです。
これは良いことだと思います。やっぱり!



学校の成績とかもいただいてきました。
最後はオールA。
有終の美っていうやつです。。やったね!(´∀`)





さて。


卒業式当日の話ですが。。


特筆するほどの逸話はありません(ぇ
たぶん日本でもあるような、友達とさよならを言い合ってお別れ…のような良い卒業式でした。


ただ日本と違うなぁと思ったのは、
卒業式もエンターテイメントの一種だと思っているところかなと。。


日本だと「卒業式=荘厳」みたいなイメージがあって、
式中はずっと静かに座っていなければならない感じですが…


アメリカは全くそんなことはなく、
誰かが卒業証書を受け取る度に、
どこからともなく「フォー!」みたいな歓声が聞こえる感じです。

だから座っているのもそこまで苦痛ではなかったというか。
隣がうるさい奴らだったのでちょっと耳が痛かったくらいです(ぁ



あとやっぱり違うのは卒業式の服装ですが、
これについては内容が多くなるので別記事で書いときます。





卒業してしまい、もう少なくともアメリカでは「高校生」ではないわけなんですが…

まだ正直実感が湧いていないのが本音です。

来年からまた普通に学校がありそうな気がしています。
そんなことは無いって分かってるつもりなんですけどね。



この4年間は短かったのかなぁ。

…短かったんだと思います。何だかんだ言っても。


振り返るのはアメリカから本格的に帰る時にしようと思っていますが。


でも一つ感じることは、流されてるなぁと。

自分から何かをしようとして、人生を漕ぎ進んでいるというよりは、
どうしても運命みたいなものに流されながら、その中でもがいている気がします。


例えば実際に僕は留学と言う意思を持ってここにいるんじゃなくて、
未だに連れてこられて来たという感じでここにいるわけで。


でも情けないですが、それが僕の性に合っているのもまた事実だなと。


ただ、この4年間は当然ながら、無駄ではなかったと思ってます。


アメリカ文化を学んで、英語を学んで。
それなりにネットワークもできて。


まだ自分が自信を持って「帰国子女だ」と言い張れるほどの経験を積んでいるのかは分かりません。
そういうのは日本に帰ってから相対的に感じるものだと思うので。


でも少なくとも有意義なものではあったと思ってます。


流されついたその先に何があるのかは分からないけれど。

でも僕がその場所で生きて行けると言うことは、
僕が今ここにいることが何よりも証明してくれていることなので。


また次に流されるときには、不安なく立ち向かえるような気がします。

それが僕がアメリカで学んだことなんだと思います。



今まで僕のことを支えてくださった家族、先生、友達、
そしてもちろん、このブログを見てくださっている方々へ。



心から、ありがとうございます。m(_ _)m


この記事をシェアする!
拍手する

Baccalaureate

Posted by yonish on   4 comments   0 trackback

AP Exam全て終了しました!ヽ(´∀`)ノ

Physicsは勉強不足と言うよりも、午後からのテストだったので眠気がキツかったです。
ちょっとボーっとしながら受験してしまったところがあるので、、
不安なんですけどね…



まぁ大丈夫でしょう!( ̄▽ ̄)ぁ
気にしたってしょーがない。。





卒業前はいろいろとイベントが盛りだくさんです。
APがあるのに何で公式イベントを被せるかなぁと、先週もボソっと言いましたが、、汗
イベントがあること自体は良いことだと思います。



そのイベントの一つとして、
日曜日にBaccalaureateというのに行ってきました。



Baccalaureate「バカロレア」と読みます。


帰国子女の方なんかは、「バカロレア」と聞くと、
「国際バカロレア」(ヨーロッパの統一試験・卒業資格)や、
「フレンチ・バカロレア」(フランスの高校卒業資格)の方を思い浮かべる方が多いと思いますが…

これはそれとは別物で、
「Baccalaureate Service」と呼ばれる、カトリックの宗教色が強い行事です。


卒業前に、卒業式で着るCap & Gown(ローブみたいなの)を着用して、教会の中で行われます。

なんでも、1432年にオックスフォード大学で行われたのが始まりだとか。
日本ではよく知られていませんが、なかなかに伝統のある行事です。


え、、
…キリスト教でもないお前が行ってよかったのか?


…というご指摘はおいといて(ぇ

多分行ってよかったと思うんですけどね…(汗






具体的には何をするのかと言うと、

一応建前上は、「卒業に際して、神の前で祈りをささげる」ということになってますが…


実際はスピーチを読んだり、歌を歌ったり、掛け合い漫才をしたりという…
「タレント・ショー」っぽいです(ぇ


巷では「一発芸大会」とでも称されているかもしれないこともないこのイベント(


会場が教会だったり、神父のような方のお話が入ったりと、
一応宗教的と位置付けられているイベントですが…
内容的にはそうでもないです。
内容というのはご覧の通り(


ただ、やっぱり全員が出席するわけでもないようです。
プロテスタントだとか、そういう関係もあるのかな…?
学校ではあまり宗教に関する話題は持ち上がらないので、その辺りはよく分かりませんが。。


でも行くと結構楽しかったです。。
前述の掛け合い漫才も、高校生活の中でのイベントとかも入ってて結構上手かったと思います。
結構ウケも取れてましたし( 一一)笑


歌もなかなか。
母の日と重なってたのもあって、スピーチはそれを絡めてくるものも多かったです。

中には、遠い別の大学へ進む親友との別れを惜しんで泣いてしまう子なんかもいて(´Д`)
(※男)



アメリカで「卒業」と言うと、
プロムのようにハッチャケ過ぎているイメージがありますが、
バカロレアはそれとは正反対だったというか。

そういう意味ではちょっと新鮮な一面でしたね!(´∀`)



バカロレアは、だいたい卒業式の一週間前に行われる学校が多いようです。
卒業が近くなっているんだな…と思うと、やっぱり寂しい気もします(´Д`)

Bittersweet...


この記事をシェアする!
拍手する

BeforeAfter/AP Test

Posted by yonish on   14 comments   0 trackback

第1便を無事に見送りました!(`・ω・́)ゝ


まぁ厳密にいうと見送ってないんですが(ぁ


学校に行っている間に運送会社さんが全部持って行ってくださったので、、

ニヤニヤしながら帰宅したら本当に何もなかった、と。。

だいたいそんな感じだったわけなんですが(


前に撮ったパノラマが残ってたので比較↓

注意:非常に汚いです。

Before
Before。


After
After。
右下の黒いのはディスプレイの異常ではなく怪奇現象です(


…なんというこt(略


今までさんざん「きったねぇな…」と思ってたガラクタたちですが、
いざ無くなってみると寂しいもんです。

一か月後の再会までしばしのお別れです(



勉強机も無くなってしまったので、
今はクロネコヤマトのダンボール箱の上で勉強してます( 一一)

たまにズボッってなるのが欠点(





話変わって。


本日、SAT Reasoningを受験してきました。

Reasoningの受験は最後になると思います。たぶん。。


まだもう一回、6月にチャンスがあるのですが、
そっちはSubjectに回すつもりです。今のところは。


前回で2000は超えてますので一応気休めということで…

「上がってりゃいーなー」程度のモチベーションで受験してきたので、
あんまり成績は芳しくないかな…

気が抜けてたのか、Critical Readingの1セクションで、
セクションの終了時刻を10分誤解してまして(-_-;)
原因については話すと長くなりますので省略と(

そこを慌てて解答しなければならなくなってしまったのがスゴく痛いかな…
CRは他の2セクションがよくできただけに悔しいです。



上がればいーなー(






SATが終わってほっと一息…と行きたいところですが、
なかなかそうもいきません。

というのも、来週・再来週と、さらにAP Examというテストが待っているからで。

APというのは、Advanced Placement(発展コース)の略。

SATと同じくCollegeBoardが主催していて、
TOEFLと同じETS(Educational Testing Service)が製作しています。


詳しい内容なんかについてはテストが終わって、時間のある時に別の記事で…
(と言いつつボツった記事もたくさんあるんですが)


まぁとにかく、アメリカにしては結構難しい部類のテストなわけです。


外国語のテストの中に日本語のテストもあって、
ちらっと見てみたんですが…僕でもなかなか難しいです(ぇ



僕はChemistry(化学)Calculus BC(数学:微積分 BC)Physics(物理)
3つのテストを受ける予定です。



で、、

化学のテストが月曜日午前のトップバッターさんなので…

ちょっと緊張しております(゜-゜;)

クラスでも対策はしましたし、大丈夫だとは思うのだけれども。


数学の方はまぁ問題ないとして…


問題は物理。
前にも書いてるんですが、
物理はAPのクラスを取らずに、ほとんど自主学習みたいな感じだったので…
微妙です(-_-;)


受けるからにはバッチリこなしたいんですけどね!

でもこちらは14日なので、まだあと1週間も執行猶予が(



1週間しかないわけなんですが。。


さらにこの時期は卒業に向けてイベントも盛りだくさんだったりするので、
まだ忙しい日々が続きそうです(-_-;)


まぁ、最後くらい頑張りましょうかね!
最後くらい体壊しても大丈夫だろと!

そういう愛のムチか(ぇ


何で学校のイベントをテストに被せるかなぁ…(ボソッ


この記事をシェアする!
拍手する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。