Analyzer

アメリカに住んでいた、ある高校生の記録。 (元ブログ名「星条旗と俺。」)

スポンサーサイト

Posted by yonish on

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

この記事をシェアする!
拍手する

散りにけり/補習校卒業式

Posted by yonish on   3 comments   0 trackback

先週画像を上げた桜ですが…

色は匂へど散りぬるを

早々にお散りになられました…\(^o^)/


↓Before
先週の満開の桜


別にこの記事書くために揺さぶったとか!
そんなことはしてませんけれども!( ̄▽ ̄)ぇ


昨日の嵐で落ちてた花びらもどこかへ行ってしまったようで。


…寂しすぎる…(´・ω・`)




そんな桜の散った今日、タイムリーに

日本語補習校の卒業式がありました。(ぇ


今年は弟が卒業する年でしたので、ちょっとかわいそうでしたけどね…



卒業式とは言っても、人数が少ないため小中高合同。
それでも合わせて50人に満たない程度なので、日本ほど長ったらしくもありません。

こじんまりしていて、荘厳な感じでもなく。
そんなに緊張もなかったんじゃないかな、と思いますが。


来賓の方も喋ることは大体震災のことばかりですし、
中身というよりは、どれも形式的なスピーチばかりでした。
そんなものだとは思っていましたが。。

ただ一人、今年は珍しく出席されていたアメリカ某大都市の総領事は、
震災のことよりも、むしろ卒業について語っていて、そこはさすがだなぁと。
元々スピーチが好きな方だと聞いてますし、
聴衆の聞きたいことはやっぱり分かっておられるのでしょうか。


弟の卒業祝いと言うことで、帰りはお寿司屋に行ってきました。
それもわざわざそのためだけに、
はるばる往復100マイル行って帰ってくるという荒業(

メニューはどれもかなーーり高めでしたが、お寿司はおいしかったです。。
日本よりもおいしいかもしれない…


そんな感じでした。



あ、今回は特にオチとかありませんので!(´Д`)ぇ


今週一週間振り返ってもあんまり特にイベントとかありませんでしたし。。
強いて言うなら小学校にボランティアとか行ってきたけどそれくらいです。

小学生ってなんかかわいいよね!反応がね!(´∀`)
重いものを運んでたら、なんか廊下の隅っこに小さくなって道を譲ってくれましたしね…
僕にもあんな時代があったんでしょうかね。。
先週も似たようなこと書いた気がしますが(ぁ



来週さえ終わればあとは春休み直行なので!ヽ(´∀`)ノ
ようやく一段落って感じですね。。受験生だけど(ぁ

そういえば、今年は祖父が初めての海外旅行で家に来るそうです!
去年とか英会話の本持って凄い頑張ってたのを覚えてます(^^)
楽しみですね!



よし、とりあえず最後は締まった!(何


スポンサーサイト
この記事をシェアする!
拍手する

どーなった/ガレッジセール

Posted by yonish on   6 comments   0 trackback

家の前の枝垂れ桜が咲きました!ヽ(´∀`)ノ

早咲き桜。

来週、弟の日本語補習校の卒業式があるので丁度いいタイミングです。


にしても早い。早すぎる。

それもそのはず。
明日の最高気温は28℃ですしね!(´∀`;)暑


今年あったかすぎやろ…(-_-;)




3/14はπの日 ホワイトデーでしたね!


…アメリカにはホワイトデーはないんですが(ぁ
バレンタインで既に、男女のどちらが渡してもいいことになってますしね。



でも日本語補習校は日本の慣習にならって…

ホワイトデーを設けてます。勝手に(



ということで、ドーナツを作りました!ヽ(´∀`)ノ

どーなつ!

結構良い感じじゃないですか。ねぇ(




付録で料理本がついてくるドーナツ型
うちの親が日本の本屋で購入してきまして。

…本当にどっちがメインなんだろう。あれ(


今年はそれを使ってやってやんよ!と。

補習校でも結構好評だったみたいで良かったです(´Д`)



先週何度も焦がしたかいがありましたね!( ̄▽ ̄)ぇ
本当にどうなることかと思ったんですよ…先週は…(



ちなみに去年はラングドシャでした。。






6月に日本に帰る、っていうのはもう書いたと思いますが。

それに向けて、家の中の物たちを掃除しなければ…ということになりまして。



やっぱり、日本に何もかも持って帰る、と言うわけにもいきませんしね。

…無駄なものが多すぎる、と言う意味で。



いや正直言って、持って帰ろうとすれば全部持って帰れてしまうんですよ。

クロネコヤマトさんにも、

「いらないものだけ分けといてくれないと、
全部持って帰っちゃうからねー」


と言われましたし。。
国際便の容量的には問題ないんです。恐ろしや。



でも問題は、日本に持って帰った後のこと。

アメリカの家はやっぱり日本よりも広いので、
全部持って帰ったところで、
日本の家に収まりきるかと言えば、そんなことはないわけです。



それに無駄なものの処理にもちょうどいいですし…
せっかくなのでお掃除を、と。。



エクササイズマシン…(゜Д゜)ノポイッ

大量のマンガ雑誌…(゜Д゜)ノポイッ

ジャパニーズな陶器のお皿…(゜Д゜)ノポイッ



…いやぁ、出てくる出てくる。



じゃあ、このガラクタお宝の山を一体どう処理するのか。


日本人が少ない地域ではどうかわかりませんが、
うちの地域では、
「ガレッジセール(Garage Sale, Moving Sale)で処理します。


例えば変圧器。
日本に帰ったら絶対必要ないアイテムの一つです。

こっちでは必需品です。
そこで、こちらにいる日本人の方に売ってしまうわけですね。


売る、と言っても破格です。
別にお金が欲しくて売ってるわけではないので。


1500Wクラスの物だと定価では一万円くらいするのですが、
これも1000円くらいで売ってしまいます。ワオ。


そんな感じで、ボードゲームなり座椅子なり、
何でも破格で手に入ってしまうのが魅力です。


うちも今までかなり買わせていただいたので…(´∀`)
今度は売らせていただく番ですね。


お客さんは大抵日本人ですが、アメリカ人の方も結構いらっしゃいます。
日本のお皿とかそういうのは人気っぽいです。



でもたまに、トラックで乗り込んできて、

お金をざっくり持ってきて、
「これぜぇーんぶちょーだい(^p^)」
って言ってくる業者さんが来るケースもあるそうで。

そういうのはお断り!ダメ!ゼッタイ!と書いておかないと、
面倒なことになったりもします。。


こういう、日本人の間のギブ&テイクの関係があるってやっぱりいいなって思います。
アメリカに来て何度も思いますが、
アメリカのような慣れない環境で今までやってこられたのも、こういう結びつきがあるからかなと。
自分が経験してきた分だけ、相手の気持ちもわかりますし。
普通じゃない環境にあるからこそ、結びつきも強いです。

日本人コミュニティの中にもいろいろなタイプがあるみたいですが…
うちのコミュニティは閉鎖的でもなく、本当に仲が良くて良かったです。






そういえば、掃除している間に遊戯王カードとか出てきましたね…懐かしい…

でもさすがにもういいかな!
とか言いつつレアカードだけキープしてあったりするんですけどね!(ぇ


そういうのも楽しいですよね。掃除の楽しさかと。


あと僕の小さいころのアルバムとかも出てきましたが…

思いのほかかわいかったですね!(・∀・)
あどけないよね!笑顔がね!

…どうして今みたいになっちゃったんだろうと( 一一)ぁ



この記事をシェアする!
拍手する

A Year Since 3.11

Posted by yonish on   9 comments   1 trackback

3.11。

アメリカは夜中。
テレビをつけると、まず飛び込んできたのは、
もくもくと黒い煙を噴き出す石油コンビナートでした。


火事か?大変だなぁ。


そう思いながらテレビを見ていると、
次に画面に映ったのは、浸水した仙台空港。

そして、ようやく起こっていることの重大さに気づいた僕。
それでも、にわかには信じられませんでした。


怒られてしまいそうですが、もっと言えば、
未だに現実を呑み込めているのかさえ不安です。



一年前の11日に書いた記事です。
日本のニュースinアメリカ


地震関係のタイトルですらありません。恥ずかしながらも。

それでも修正したい気持ちをこらえてこの記事を残しているのは、
自分の無関心に対する戒めの気持ちからよりも、
アメリカにいることで、
どれだけ事実を呑み込むのに時間がかかるのかを記しておきたかったからです。


時間がかかる。そりゃそうだ。
…と言うと薄情に聞こえるかもしれませんが。

でも自分だけこれだけ安全な場所にいて、
6500マイルの彼方の未曽有の災害を、一体どうやって感じ取れるでしょうか。



家族や友達の安否はもちろん心配でした。
連絡も取りました。無事で安心しました。

日本の先行きも心配でした。

でもそれは、現地の人たちに「頑張ろうね」、と言える根拠にはならないと思います。


日本の友達と被害についてメールしているときも、
言葉にできない孤独感を味わいました。

僕だけ安全な場所にいる。
僕にできることと言えば、募金程度の物。
それなのに、どうして、大変だね、頑張ってね、なんて言えるだろう。


この国難の時に、
アメリカと言う安全な地にいられたことが、果たして良かったのか悪かったのか。

今でもよく分かりません。


相手の身になっているつもりでも、向こうからすれば大きなお世話だったりもします。

「ふざけるな。何も苦労してないくせして。お前に何が分かる」

ひっそりとそう思われてるのかな、なんて考えると、
「触れない」ことが一番の解決策なのかなぁ、なんて。


自分の中ではそこで完結しています。
結局答えはないと思いますし。




放射線の危険は未だに残っています。
と、言われていますよね。

今年の6月、僕は日本に帰国して、東京に住むことになると思います。
アメリカ人からは危険だ、危険だと言われるかもしれません。


でも正直、僕はホッとしています。


少なくとも、友達と苦難を共有できるから。

実際に被曝に遭っている方からすれば、
ふざけるな、と言われても仕方ないと思います。当然です。

でもこれが僕の本音です。



現地にいる人と、外にいる人では大きく印象は違います。
その板挟みになっている人たちも、現地の人とは違う辛さを抱えています。

そのすべてを感じ取ることは不可能です。
だからせめて、そのことだけは覚えていてほしい。


これは震災に限ったことじゃないと思います。
テレビで見る一つ一つの事件に、数知れないストーリーがあります。

「ギリシャは暴動なんだぁ。大変だなぁ。
 ユーロが下がっちゃうのかなぁ。気を付けよう」

それは確かに事件を気にしていても、事件を感じていることにはなりません。
正確に感じることは、たぶん日本に住んでいる誰にもできません。




「お前に何が分かる。」

そう言う側も言う側で、
言う前に、一度立ち止まって考えるべきだと、深くそう思いました。



そして、アメリカに住むものとして、
アメリカの出来事を、より感じようとしてもらえるように伝えること。

それもまた、僕の使命なのではないかと思いました。




東日本大震災で被害に遭われた方々、地域に、
心から復興をお祈りしています。

2012.3.12 yonish


この記事をシェアする!
拍手する

ご無沙汰でした/Tornado

Posted by yonish on   2 comments   0 trackback

突然更新を休んでしまって申し訳ありませんでした。m(_ _)m
予告できたらと思ったのですが、いろいろと立て込んでまして…(-_-;)


具体的に何があったのかというと、3つ。


1つは今日受けてきたSAT

割と出来は良かった気がしますが、
Writingで一つ間違えたことを知ってる問題があるのが悔しくてたまりません。

…間違えた問題を紹介します。。
本当はテスト問題を公開するのは禁止(サインもさせられます)なので、
あくまで僕が思いついた文章ということで(ぇ

文章を正しい文法表現に改める問題。

原文:Everybody except me were ~

A. 原文のままでOK
B.「Everybody except I was ~」
C.「Everybody except I were ~」
D.「Everybody except me was ~」





exceptは前置詞ですので、meが正解です。
Everybodyは単数扱いなので、Dが正解。

最初はDにしてたんですが、最後の20秒で気の迷いからBにしてしまいました。
あとでググって驚愕。
…そのまんまにしておけばよかった、と泣きたい気分です。

下がってたらどうしよう。考えても仕方がないんだけれども。


2つめはクラブのCompetition(大会)。

何の大会かというと、ビジネス関係の教科の大会。

プログラミングやデモンストレーションをしたり、
色々なことについてプレゼンやテストをして、そのスコアを競います。
本当はプログラミングやってみたかったけどそんな時間はないし。
プレゼンも面倒なので、テストを2科目受けてきました。


会計に関する計算と、
エクセルで出題された通りの計算を行うワークシートを作成する科目でしたが…


どちらも入賞してしまいました。。

エクセルの方は1位通過。会計は2位通過。
会計は授業取ってないんだけど…受験生の皆さん、おーい(

まぁ、まだ地区予選みたいなもんなので、すごく光栄なことでもないんですが。
(内容もそんなに大して難しくもありませんし…ぁ)

でも安っぽいながらもトロフィーもいただいたので、それはそれでよかったのかなと思います。




州大会は暇なら行きます(



最後にして最も面倒だったのはSenior Exit Project


うちの学校では、卒論、の代わりにプレゼンを行わされます。

内容は主に、高校生活を通して何を学んだのか。
どのように成長したのか。
それから、ちょっと特技や自己アピールなんかもしたりするそうで。


そのプレゼン自体は春休み後なのでまだいいのですが、
その他にも、Cover LetterResumeというものを提出しなければならず…
それの期限が今週でした。

ちなみにResumeというのは履歴書のこと。
ビジネス関係ではよく使う単語だと思います。

Cover Letterというのは、本来、
企業への応募の際の志望動機や自己アピールをまとめた文章(Letter)を指しますが、
今回はそれをGraduation Committee(卒業認定者、学校の先生)に向けて書けと言われ。
指示が曖昧だったのもあって、なかなか進んでいませんでした。


一応提出1ヵ月前には課題をもらってましたし、
僕自身あんまり駆け込み乗車が好きな人ではないので、
本当なら一週間程度の余裕をもって終えられるはずだったのですが…

なぜか「英語の授業中にそれをやる」、ということになっていまして。。
不真面目なアメリカ人が多いので、
こうでもしないとやらない生徒がいる、っていうことなんだとは思うんですが…

先生も先生で、それを提出の一週間前の授業中から始めるんですね。


なぜもっと早くやらない。
それに合わせる形で、僕も完成を遅らせざるを得ませんでした。。



平日に大会があったおかげで、貴重な授業時間も削られますし…

その間の宿題が免除…なんてことにはなりません。アメリカだもの。
次の登校日にドッサリいただきました。



そんなこんなで、忙しい1週間になってしまいました。。



…言い訳終わり!





先週の話になってしまいますが、アメリカ中部を大きな竜巻が襲いました。
去年も割と大きな竜巻がありましたけどね。


規模に関してはリアルタイムでリサーチする暇がなかったので、データ不足で申し訳ないのですが…


今回の竜巻はうちの州も巻き込んでいきやがりましたので、いつもよりも被害が身近に感じます。

僕も警報が鳴った時は地下に避難していました。
家に誰もいなかったので僕一人で。
いつのまにか寝てたら帰宅後の弟に笑われましたが(
部屋で目覚ましが鳴り続けてたみたいです…気づかなかった…(

幸い、うちの家は何ともありませんでした。。
しかし、亡くなった方もいたようです。ご冥福をお祈りします。。


この記事をシェアする!
拍手する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。