Analyzer

アメリカに住んでいた、ある高校生の記録。 (元ブログ名「星条旗と俺。」)

スポンサーサイト

Posted by yonish on

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

この記事をシェアする!
拍手する

Leapin' A Day

Posted by yonish on   8 comments   0 trackback

2月29日「お ひ さ」




今日は4年に一度のうるう日ですね!ヽ(´∀`)ノ

4年前のうるう日はまだ日本の中学生だったんだな…と思うとなんだか切ない(





物凄く余談ですが、4年前は確か、


「うるう日の証明を手に入れよう」ってことで、

友達と登校時に駅で遅延証明書もらってましたね。。






…電車が遅れてもいないのに(ぁ



「なんか遅れたっぽいです!」て言ったら、
駅員さんが怪訝な顔をしつつも証明書をくれました。
一応ルール違反だと思うので、駅の名誉にかけて駅名は言いませんけどね!(ぁ

駅員さんごめんなさい。。
でももうさすがに時効だよね(


その時の証明書はまだ残ってると思います。
懐かしすぎる。やべぇ。





そんな黒歴史はひとまず置いといて。。




うるう年は英語では「Leap Year」と言います。
うるう日は「Leap Day」とか「Leap Year Day」とか。



でも。


英語の「Leap」っていう単語を知ってる方なら気付くと思いますが、、


「Leap」って「跳ぶ、跳ねる」って意味なんですよね。


え?

Q. 何で跳ばなきゃなんないの?
むしろ日が増えてるのに…




A. …喜んでるんです。




もちろん冗談ですが(ぁ

そもそも別に学校休みなわけじゃないからそんなに嬉しくないですしね!(





これについてはいろいろ調べてみたんですが微妙です(


一応見つけた答えを書いていきますと。


ONLINE ETYMOLOGY DICTIONARY - Leap Year
So called from its causing fixed festival days, which normally advance one weekday per year, to "leap" ahead one day in the week.
    ↓
通常は一年に(365÷7の余りの結果)1日進む固定された祝日(など)の曜日が、一日余計に進む(leap)ことからこう呼ばれる。


answerbag - loveschimpsさんの回答
In ordinary years the day of the month that falls on Monday this year will fall on Tuesday next year and Wednesday the year after but the fourth year will "leap over Thursday to Friday. This is because a day is added to February, the reason being that that the astronomical year is approximately 365 1/4 days long.
    ↓
通常はある月の月曜日は翌年の火曜、その翌年は水曜…というように進むけど、この年をまたぐと木曜を越えて金曜に「跳んで」しまう。これは2月に1日が追加されているからで、天文学的に1年がおよそ365.25日なことに由来する。




…だそうで。

要は、1日追加したことで3/1の曜日が2つ進むからだと。なるへそ。




…いや、やっぱりややこしいやろ!(´Д`)


「Extra Year」とかにしてくれればカッコイイ分かりやすいのに…




まぁでも、そういうことだそうです。



ちなみに…

日本語の「うるう(閏)日」には一体どんな意味があるんでしょうか。。



よく考えるとあんまり考えたことない気がしませんか!僕だけか!



語源由来辞典【閏年】
…漢字「閏」は王が門の中に居ることを表す字で、中国では暦からはみ出した閏日(閏月)には、王が門の中にとじこもり、政務を執らないことに由来する。…




…あ、ヒッキーの日なのね(ぁ




やっぱり学校休みにしてくれりゃいいのに…( 一一)笑


スポンサーサイト
この記事をシェアする!
拍手する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。