スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Leapin' A Day

2月29日「お ひ さ」




今日は4年に一度のうるう日ですね!ヽ(´∀`)ノ

4年前のうるう日はまだ日本の中学生だったんだな…と思うとなんだか切ない(





物凄く余談ですが、4年前は確か、


「うるう日の証明を手に入れよう」ってことで、

友達と登校時に駅で遅延証明書もらってましたね。。






…電車が遅れてもいないのに(ぁ



「なんか遅れたっぽいです!」て言ったら、
駅員さんが怪訝な顔をしつつも証明書をくれました。
一応ルール違反だと思うので、駅の名誉にかけて駅名は言いませんけどね!(ぁ

駅員さんごめんなさい。。
でももうさすがに時効だよね(


その時の証明書はまだ残ってると思います。
懐かしすぎる。やべぇ。





そんな黒歴史はひとまず置いといて。。




うるう年は英語では「Leap Year」と言います。
うるう日は「Leap Day」とか「Leap Year Day」とか。



でも。


英語の「Leap」っていう単語を知ってる方なら気付くと思いますが、、


「Leap」って「跳ぶ、跳ねる」って意味なんですよね。


え?

Q. 何で跳ばなきゃなんないの?
むしろ日が増えてるのに…




A. …喜んでるんです。




もちろん冗談ですが(ぁ

そもそも別に学校休みなわけじゃないからそんなに嬉しくないですしね!(





これについてはいろいろ調べてみたんですが微妙です(


一応見つけた答えを書いていきますと。


ONLINE ETYMOLOGY DICTIONARY - Leap Year
So called from its causing fixed festival days, which normally advance one weekday per year, to "leap" ahead one day in the week.
    ↓
通常は一年に(365÷7の余りの結果)1日進む固定された祝日(など)の曜日が、一日余計に進む(leap)ことからこう呼ばれる。


answerbag - loveschimpsさんの回答
In ordinary years the day of the month that falls on Monday this year will fall on Tuesday next year and Wednesday the year after but the fourth year will "leap over Thursday to Friday. This is because a day is added to February, the reason being that that the astronomical year is approximately 365 1/4 days long.
    ↓
通常はある月の月曜日は翌年の火曜、その翌年は水曜…というように進むけど、この年をまたぐと木曜を越えて金曜に「跳んで」しまう。これは2月に1日が追加されているからで、天文学的に1年がおよそ365.25日なことに由来する。




…だそうで。

要は、1日追加したことで3/1の曜日が2つ進むからだと。なるへそ。




…いや、やっぱりややこしいやろ!(´Д`)


「Extra Year」とかにしてくれればカッコイイ分かりやすいのに…




まぁでも、そういうことだそうです。



ちなみに…

日本語の「うるう(閏)日」には一体どんな意味があるんでしょうか。。



よく考えるとあんまり考えたことない気がしませんか!僕だけか!



語源由来辞典【閏年】
…漢字「閏」は王が門の中に居ることを表す字で、中国では暦からはみ出した閏日(閏月)には、王が門の中にとじこもり、政務を執らないことに由来する。…




…あ、ヒッキーの日なのね(ぁ




やっぱり学校休みにしてくれりゃいいのに…( 一一)笑


スポンサーサイト

正装戦隊着ルンジャー

これからいろいろと正装することが多そうなので、
月曜日にPresident's Dayのセールがあったのもあって、、、


スーツを買ってもらいました!ヽ(´∀`)ノ




一応買えたには買えたんですが…


緩い。緩すぎる。

ズボンが。



元々日本人サイズなんてものはないので、なかなか合うものがありません。
店員さんに頼んでとりあえず持ってきてもらったのは「Junior」(ボーイズ)用。



しかし理由はそれだけではなくて。


「面接用」と言って頼んだら、

「あぁ、ならDress Suitね」

と言って選んでくれたみたいなのですが…



これがまた、足が緩めのデザインのようで。

日本人スタイルとのダブルパンチでもう足がスッカスカ。



イヤンっ! (つ∀`)



なんだか店員さんに言ってもブランドものばっかりもってきてくれてしまいますし、
バリエーションも少ないので…

結局はJC Penny(デパート)で買いました。
…それでもちょっとスカスカな感じはするんですけどね。


自分で選んだからかは分かりませんが、ちょっと気に入ってます(´∀`)






…それでそれで。


スーツを着るならアレも買わないとね!

そう、アレだよアレ!アレですよ!(真顔





…Yシャツとネクタイですよね。。






さて、Yシャツと言えば、、

白に地味な色のネクタ…





白が…ない?


…?(-_-)




カラフルYシャツ


!?(゜∀゜;)


あれ…Yシャツってこういうものだっけ…?


僕はいつの間にへ迷い込んでしまったのだろうか…?(゜-゜;)






それとも何なの?

「5人揃って何とかレンジャー」とかやるつもりなの…(




こりゃ派手すぎやろうと。

アメリカ人はホントに着るつもりなのかと。



でも、、
…着ちゃうんですねこれが (;´∀`)



プロム(パーティ)や、ちょっとフォーマルな会合とかでも、
紫やら赤やらを着てる人は結構います。

もちろん、さすがに公式の場で大統領とかが着ることはないと思いますけどね。



なぜこういう色をチョイスしたがるのか。。

アメリカ人の色彩感覚には驚かされます…(-_-;)

派手な着色料オンパレードの色のクッキーとも何か関係があるんでしょうかね。
何か民族的な背景と関係があったら面白いんですが (´Д`)



ちなみに、こんなネクタイも売ってました。

まがまがしい

なんだか付けてるだけで不幸になりそうな…(






…ちなみに、僕はというと。



白と灰色のシャツだけ買ってきました。。


無理、カラフルは無理だよ!( ̄▽ ̄;)


今買っても日本で使えないんじゃ、やっぱりもったいないですしね。。
そんなに安いものでもないですし。


会社で着てウケを狙うのもアリかもしれませんが、そんなのは当分先の話ですし。


…と、ノリで勧めてくる母を説得しました( 一一)ぁ
一件落着。。


水色でミクを連想したのは俺だけでいい(


SAT結果(Jan. 2012)/ハズレ(TOEFL 2/18)

1月のSAT結果返ってきました。。

Reading: 520
Writing: 630
Math: 760

Total: 1910


うーん。
まぁ結果としてスコアは上がってますし、
1900もとりあえず超えられたので悪くはないんですが…


もうちょっと行ってたかな…と思ってたので少し残念。
Mathが760なのがちょっと不満ですね…
今度こそ!と思ったのに…


ちなみに、旅行やらなんやらで結局書く機会を失ってたのですが…
前回(12月)の結果は1860でした。
去年の3月に初めて受けたのが1870だったので、下がってます(^^;)
今回で挽回できたのは良かったのですが…


それにしたって、去年から40点しか上がってないというのもどうなのか…


最近たるんでるんでしょうかね…(-_-;)
どうにかしないと。。





で。


昨日、TOEFLを受けて参りました。。



割と良い感じ…ではあるけれども断言はしません。
ショックが大きくなるのでネガティブに…( 一一)笑



Listeningがちょっと酷い気がします(-_-;)

全然わかりませんでした。なんだあれ。
ハズレの問題を引いたかな…?


Writingはかなり落ち着いて書けました。
SAT向けの勉強のたまものです。


ただ、最後の課題で「最低300単語」っていう指示を、
「300単語以内」だと勘違いしてまして…(゜-゜;)
最後の30秒で気付いて、最終的には302単語くらいで終わりました。セーフ。
でもラスト10分は単語数の削減にひたすら励んでたのでショックでした。。

Readingの練習ばっかりしてたのが裏目に出た感じです…(・_・;)
やっぱり問題形式に慣れるという意味でも、練習って大事だなぁと。



それはそうとして。


TOEFL受験時の出来事。


今回は前回とは別の会場にしてみました。


開始時刻も、前回は8:00だったのですが、今回は9:00。
少し余裕をもって会場に着いたのですが…


会場は凄い人数の受験生。


(゜Д゜;)マジかよ…


TOEFLはSpeakingがあるので、なるべく受験者数が少ない方が静かでいいんですが…

これは…(-_-;)



…と思ってると。


「TOEFL受験者さんはこちらへー!」


と、群衆とは別のファーストクラスで呼ばれました。


なんでも、この日は同じ会場でIELTSも行われていたようで。


IELTSというのはTOEFLと同じく英語の試験なのですが、
こちらはイギリス製。

TOEFL iBTと同様に、Reading・Listening・Speaking・Writingの4セクションがあり、
結果は1.0-9.0のスコアに換算される…
そうですが、僕はあまり知りません。。(汗


ということで、結局残ったのは僕を含め10人程度。
これなら普通かな、と。。



いつもは黒人の方や中国・台湾人みたいな人ばかりが受験しているのですが、
今回は中東っぽい人が多かったかな…?

被り物をしている女性の方が多かったです。

本来ならTOEFL会場では上着も脱がされるほど服には厳しいのですが…
そこは宗教なのでリスペクト。

被り物をめくって不正が無いかを確認しているところに、なるほど、と思いました。




それで。

テスト中ですが、今回はハズレの会場を引いたようで…

※以下、愚痴成分80%(ぁ




まずパソコン室に入ると…段ボール紙で仕切られたコンピューター達。
まぁこれ自体はそんなに珍しくもないのですが…ちょっとついてないなぁと。


そして、写真を撮って、提供される鉛筆とメモ用紙を受け取って…
いざテスト開始。


Readingスタート。


早速、読みながらちょっとメモを取ろ…うとすると。


鉛筆「ボキッ」


(;´∀`)マジカヨ…



こりゃ誠に幸先の悪い。


手を挙げて鉛筆を替えてもらいました。
…時間がないっつーのに…


Readingはとりあえず終わり…Listeningへ。


僕はメモを割と大きくたくさん取ってしまう人なので、
すぐに紙が切れてしまいます。


そこで、問題の区切りの合間に手を挙げて補充をもらおうとするのですが…


…来ない。。


何やってんだ…と後ろを覗くと。
片方の試験官(オバチャン)が、もう一人(おっちゃん)の襟を直すのに夢中になっている。


おっちゃん…(@_@;)
仕事しろ…



しかもこのおっちゃん、耳が遠い。
そして融通が利かない。


紙を取り換える時も、切れてからじゃないと替えてくれない。

鉛筆も一本替えると一本持って行ってしまう。

芯が折れた後なのもあって、鉛筆のバックアップが欲しいと言っても…聞いてくれない。



その上、3度目に紙を替えてくれと言ったときは、
「そのセクション終わったら補充しに行くから大丈夫!」と言う。



…ハァ。。(-。-)゜゜
今必要だから言ってんだろ…



おかげさまでリスニングも集中できませんでした。



これでスコアが悪かったらおっちゃんのせいだぜ…



…というのはさすがに無責任なので言いませんが。



でも前回の会場ではこういうことはなかったので…

もうこの会場には来ないぞ…



SATもTOEFLも会場には当たり外れがありますね。。


特にTOEFLは、勝手に紙を替えてくれるくらいの優しさがあったら、
常連さんにでも何でもなるんですが。


でも、せめて手を挙げたらすぐに来てほしい。。


日本だとこういうところはしっかりしてるんですが、
こっちは部屋の密度が高いのでこれもまた微妙。



マジメに良い会場ないかなぁ…( 一一)



おらこんな村いやだ

バレンタインデー?何それおいしいの?





…おいしいですよね(ぁ





残念ながら今年もあまり縁がありませんでした。。

でも日本語補習校では毎年、心優しい女子哀れな男子群にお菓子を恵んでくださるので(

ゼロじゃないのはちょっと嬉しい。


ホワイトデーは去年はラングドシャ。
今年はミニドーナツでも作ろうと思ってますが…大丈夫かな…



ちなみに、

アメリカのバレンタインデーは男女関係なくプレゼントをします。。



もっと言うと、

男子→男子

なんてパターンもあったりなかったり…(ネタだったと信じたいです)


学校の先生もお菓子を持ってきてくれたりします。
ハロウィンみたいな感じですね。。


ブログの背景は縁担ぎにバレンタインデーっぽくしてみましたが、
あまりいい報告はできませんでしたね…( 一一)
残念。。






先週から今週にかけて、電話回線の調子が非常に悪かったんです。


家にかけてもうまく繋がらない。


そして先週の土曜、父が家に電話を掛けると…

「Hello?」


という女性の声が。



父「Is this XXX(うちの苗字)family?」

「Yes, but, um...」




え…?

何でうちの電話に外国人が出るんだ?遊びに来てるのか?



父「Can I speak to ***(母の名前)?」

「No, she can't talk to you right now.」



母は今話せない…



(゜Д゜;)ナニゴト…



なにこれ怖い



まさか泥棒とか…
でも泥棒って律儀に電話出るもんなの…?(



事態が呑み込めないまま帰宅。

が…母は家にいない。


(((((゜Д゜;))))


すかさず、父が母の携帯に電話。





母「はい?」


何事もなく電話を受ける母。


…一体…一体何が…







結論から言いますと。。





家の電話番号と、隣の家の番号が入れ替わってたんですね…(ぇ




え…

そんなことってあるのね…





結局原因が何だったのかは分かりませんが、電話会社のミスであることは間違いないです。

マジメに困るって…



隣の家の方(インド人)に話すと、
「あ、月曜日に直しに来るってー」と言うので、
仕方なくそれまでは我慢することにしました。




でも。


それだけじゃないんですね…


月曜日、帰宅すると、
「ネットが繋がらないのよ…」と母。



調べてみると、回線が切られているようで。


さらにいろいろ試してみると、電話もつながらない。
これはもしや悪化したのだろうか…?

と、隣の家の人へ話しに行くと…


「え、家は朝に来て直していったわよ?」と。






どうやら、朝に電話会社の人が来て、隣の家の回線は直していったみたいなのですが…
その時に家の接続を切断して、そのまま放置してしまっていたようで。

その人は隣だけ直せばいいと思ったみたいです。


いやいや、入れ替わってるんだからこっちも直していけよ…と。。
察せよ…




月曜は暇でしょうがなかったです( ̄▽ ̄)笑

電話も無ェ。ネットも無ェ。

テレビは辛うじて見られましたが…
翌日が雪の予報で休みになる可能性があったこともあり、コレはちょっと苦痛でした。




結局今はもう直って、使えるようになったのですが、
うーん、何とも…

後味の悪い。(-_-;)



聞いてみると、周りでも結構そういうトラブルはあるみたいですが。。

ちゃんとしてほしいもんです( 一一)


コメント返信が遅くなった方には本当に申し訳ありませんでした。m(_ _)m




でも回線入れ替えるっていう発想はなかった。

…ちょっと面白かった(



でももし国際電話かけてたら、、
電話代は隣の家持ちになってたんだろうか…(ぁ



おらこんな村~いやだ~


1st Anniversary!!!

星条旗と俺。は、
開設からついに1周年を迎えました!ヽ(´∀`)ノ


祝!一周年!


ちょっと感動。


これもひとえに、ブログを見てくださっている皆さんのおかげです。。

本当にありがとうございます!



一年前は「星条旗と俺。」でググっても、
「俺たちの星条旗」しかヒットしてくれずガッカリしてましたが、
今ではちゃんとこのブログがヒットしてくれます。嬉しい限りです。


ちなみに、このブログタイトルは「俺たちの星条旗」とは一切関係ありませんよ!(



ブログをやっている間に、定期的にいらしてくれる方、
コメントをくれる方なんかも増えてきて…
本当に嬉しいことです。



もともと僕自身、日記も3日も続かないほど飽きっぽい人なので、
ここまで続くかは正直分かりませんでした。

でもブログってやってみると楽しいですよね。


日記と違って自分の意見を誰かに見てもらえるというのもそうですし、
誰かと話し合えるというのも、知り合えるというのも本当に面白いと思います。


むしろ何で今までやってこなかったんだ、と。


アメリカに来て以来、
きっと日本との違いに戸惑ったことってたくさんあったと思うんですよね。


でも慣れるうちに、そういうのってやっぱり自然消失してしまうというか…
来た時の新鮮さを忘れてしまったというか。


そういう新鮮な気持ちこそ、僕が発信するべきことだったと思うのですが、
それを文章にできなかったのは本当に悔やまれます。


後悔したからこそ言えることですが、

これから大きなターニングポイントを迎える人、
特に海外に住もうとしている人には、ブログを始めることを強くお勧めしたいです。



アメリカへ来て変わったことというのは受験時の面接でも聞かれることなので、
自分のためにもなると思いますし。



一年前の自分と比較してみるのも面白いです。


…心底変わってないなぁと実感します(ぇ






そういえば何でブログを始めようと思ったんだろう、
というキッカケ的なことを振り返ってみると。


そもそもブログは前々から始めたいなーとは思ってました。
元々意見を書いたりするのは好きだったので…


ただ、アメリカに来る機会を得ていることが貴重だ、っていう自覚が無かったのか…
それとも来るときにかなり抵抗した分(実際かなり嫌でした)、
自覚することを拒んでいたのかもしれません。

でもある時期から吹っ切れて、この経験をどうにかして発信できるんじゃないかと思ったわけです。
いつまでもネガティブでいても仕方ないなーと。


それならブログしかない、と。。


ただ、機会が無かったというかなんというか。。
続けられる自信もありませんでしたし。



一年前の今頃も、確か3月にSATを控えてて忙しい時期だったと思います。

今も来週にTOEFL、3月にSATを控えてるので、むしろ一年前よりも忙しいのですが。。
わざわざそんな時期に始めたのは、忙しさを愚痴りたかったせいかもしれませんね…(ぇ


「星条旗と俺。」っていうタイトルを最初に思いついて、

「これ行けるんじゃね?(゜∀゜)」

という感じで始めた記憶もないこともなくもないです。

どこに行こうとしてたんだか…


かなり衝動的に始めてしまった気がします。
でも今では始めてよかったと思います。



ブログを通して、HTMLやCSS、Javascriptの書き方も学ぶことが出来ました。
これも僕がブログをやりたかった理由の一つです。
とにかくカスタマイズの融通が利くと聞いて、fc2を選びました。良かった。(宣伝)


元のテンプレートからブログに加えてある変更はとりあえず全部自分で書いてます。
ブログのロゴとか、画像(1周年記念!のとか)も基本は自分で作ってます…
自分でも結構頑張ったなと思います。。


個人的に、「お知らせ」の下のボタンを押すとニュルッと中身が変わるのが気に入ってます。
暇な時にニュルニュルして遊んでます。



一石二鳥どころか四鳥、五鳥くらい落としてる気がしますね( 一一)




これからの話になりますが、、


本当はずっとこのブログを続けていきたいのですが、
5月に高校を卒業して、6月辺りに帰国しそうなのと、
今年は受験、受験、受験の嵐なのとで、

既に更新が滞りがちですが、
2012年後半は、今のようにすら更新ができなくなる可能性が120%です。

せっかく見てくださってる方には申し訳ありません。


でも月一更新でもいいから続けて行ければな…とは思っています。
少なくとも大学に入るまでは続けていきたいです。


大学に入ったらこのブログタイトルは無効だと思うので…(^_^;)
名前を変えるか、別のブログを立ち上げるか、とにかく何かしたいなとは思ってますが。。


この1年間を現実面でもブログ面でも無事にやっていけたことに、本当に感謝しています。
拙い記事ばかりですが、これからもコメント・意見・感想、なんでもお待ちしてます。


長くなりましたが、
これからも星条旗と俺。をよろしくお願いします!m(_ _)m


Picture Day

今日は学校のPicture Dayでした。。(´∀`)


Picture Dayとは、色んな部活やクラブが集合写真を撮影する日です。
撮った写真は、その年のYearbook(学校のアルバム)に載ります。


学校の通常日課授業中に、放送で
「○○クラブの人体育館に集合ーー」というように順番に呼ばれていくので、
その都度体育館や図書室などに集合して、写真を撮っていきます。

そのため、授業中も生徒が教室から出て行ったり入ってきたりで…

授業になりません(-_-;)汗






「え、そもそも写真撮るだけなのにそんな日が必要なの?」




…ごもっとも。





本当に何で必要なんだろう…(ぇ

放課後にゆっくり撮りゃいいのに…




まぁそういうご指摘はおいといて…(



僕は4つのグループに入っているので、4回写真を撮りました。


…魂を抜かれました(



もともとカメラはあんまり好きじゃないんですよね。。

アメリカンな   :D   (ビッグスマイル)はちょっと苦手です( 一一)笑



でも、去年はグループゼロ・写真ゼロだったので大きな進歩ですヽ(´∀`)ノ






…それで。


個人写真ではなく集合写真のみで、
しかも100人以上所属している巨大なクラブみたいなのもありますので…


誰が写ってるか分かったもんじゃない。



いや、クラブだからメンバーの名前は分かってるはずなんですが…



クラブ数が多い分、流れ作業のため、
撮影場所でメンバーの確認なんかをしていないせいで…



いるんですね。



遊び半分に、



「全クラブの写真に写ってやろうぜ!!(゜∀゜)」



とか言っちゃう輩が…( ̄▽ ̄;)笑
※良い子はマネしないでね



お前は体育館に住む幽霊なのかと。


もちろんダメなんですけどね。。


でも過去に実際に、そういうヤツがいたらしく…

停学を食らったケースもあるそうで。。(´∀`;)


Yearbookに掲載する前に一応、写真に写ってる人を特定する作業が行われるので、
その過程でバレるらしいです。。


でも、撮ってしまったものは消せないので。。
アルバムにはハッキリと写ることになります…( 一一)



地縛霊ごっこ、ダメ、ゼッタイ。



アルバムは一生残るものですしね。



…つまり、僕の固いスマイルも一生残るってことなんですが。



僕のところだけ肖像画でお願いできないかなぁ…( 一一)
マジメな話…


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。