Analyzer

アメリカに住んでいた、ある高校生の記録。 (元ブログ名「星条旗と俺。」)

スポンサーサイト

Posted by yonish on

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

この記事をシェアする!
拍手する

Back from Miami

Posted by yonish on   2 comments   0 trackback

マイアミから帰ってまいりました!ヽ(´∀`)ノ

マイアミビーチは今日も夏です。


恐らく今回が最後の旅行かと…

恐らく。


マイアミキーウェストエバーグレーズ国立公園を中心に回ってきました。


大きな地図で見る

キーウェストは往復路は綺麗ですが、街自体はあまり見どころはありませんでした。。
とにかく海はきれいなんですけどね。


マイアミは常夏の都市!という言葉がよく似合う街でした。

暑かったです。とにかく。
気温も25℃前後あったので、割と普通に海でも泳げる感じでした。


面白かったのは、アメリカなのにスペイン語表記が多いところ。
英語よりもスペイン語の方が多いエリアもあって…
アメリカというよりは、外国に来たような感じで。


ナンパに挑戦した黒人のお兄さんが、
「Sorry, I can't speak English」と派手に断られてたのが印象的でしたね!(ぇ



結構日焼けして来ましたよ…
もともとインドア派なので、こういうところで焼いてこないと…と思いまして。
新学期に真っ先に「何があった?」と聞かれそうな感じにこんがりと。。


そんな感じの旅でした。。





もうすぐ新年ですね。

今年は本当に色々なことがあったと思います。


震災やその後の原発の対処、
今なお続くヨーロッパの経済混乱、
もはや毎年の事件である総理の辞任、
最後の最後に報道された金正日の死去…

思い起こすと、どうしても真っ先にネガティブなことばかりが脳裏に浮かんでしまうのは
仕方がないことなのかもしれません。
(良い年だと感じられるなら、それはそれで構わないのですが)


ポジティブなことというのは、ネガティブなことに比べれば、
束の間に終わって、あとはサッと溶け去って、日常と化してしまうのが普通だと思います。

それに対してネガティブなことというのは、
人々が頑張って元に戻そうと努力する分、報道もされて記憶にも残るのではないでしょうか。


だから、一年を振り返って、「今年は嫌な年だった」で終わるのは仕方ないことだと思います。

でも実際は、ちらりと思い返して感じるほどには、悪い年ではなかったのかもしれません。


後味が悪いのは、甘いエキスを噛み終ってしまったから。
あとは紙に丸めてゴミ箱へ捨ててしまえばそれで良い。

僕はそう思うようにしています。


もちろん、事件を忘れて良いわけでもありません。
今年の反省をどう来年へ生かしていくのか。それも大事なことだと思います。

今年の漢字でもあった「絆」と共に、
来年は、来年も、良い年であればと思います。


アメリカの僕は、日本よりも遅いあけおめになりますが…


皆さん、良いお年を!


おそば、おもち!

スポンサーサイト
この記事をシェアする!
拍手する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。