Analyzer

アメリカに住んでいた、ある高校生の記録。 (元ブログ名「星条旗と俺。」)

スポンサーサイト

Posted by yonish on

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

この記事をシェアする!
拍手する

The Great Nature

Posted by yonish on   2 comments   0 trackback

ちょっと前からですが、
上の「お知らせ」の下にボタンを付けました。
需要はあんまりないと思うので、気休め程度です( 一一)笑

テストはさんざん行ったので、もうクリックしても大丈夫だと思います。
「ニュルッ」っていう感じの動きにしたので、
PCのスペックによっては、動作が重い等の不具合があるかもしれませんが…
もし気になることがあったら言ってください。





最近はネタ不足ですが…(^_^;)


今日はずっと勉強してました。。
Z会やってるんですが、溜めてしまってて(汗

今やってるのは…去年の11月号!(ぁ


一年経つと添削してくれないそうなので、焦ってます( 一一)


それで、勉強してて思ったんですが…

生物って凄いなと。


人間を例にとると、
目や耳は、いくつもの器官が集まって一つの仕事をしていて…
その感覚を脳へ伝達する仕組みとか、
脳の中で実際にどう処理されるのか、とか…


うまく出来過ぎてる気がするんです。何もかも。



進化論に従えば、
全ての生物は単細胞の原始生命から発達して来ているわけなんですが…


一つの生物の中には、
外部から情報を取り入れる器官がいくつもあって、
さらにその中にたくさんの部品があって、
その部品ですら何万、何億という細胞から成り立っている…

そして、ほとんどの場合、それが問題なく生命を保っている。


それがミジンコのような微生物から進化したなんて…

科学的な証拠がなければ、絶対信じてないと思います。



だって、人間に比べればみみっちいほどのパーツしか持っていないパソコンですら、
バグや誤作動を起こすわけですから…


人間というのは、どれだけ小さな存在なことか。


「神様」を信じたくなる気持ちも分かります。



でも、僕が今日感動したこの事実ですら、
自然の偉大さの、ほんの一面に過ぎないんです。

自然というのは、人間の手からは遠く及ばない存在だなぁ…と、
今更ながらそう思いました。


スポンサーサイト
この記事をシェアする!
拍手する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。