Analyzer

アメリカに住んでいた、ある高校生の記録。 (元ブログ名「星条旗と俺。」)

スポンサーサイト

Posted by yonish on

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

この記事をシェアする!
拍手する

Dilemmatic

Posted by yonish on   8 comments   0 trackback

ついに、学校も残すところ1週間

終われば、あとは8月半ばまで夏休み。



でも終わってほしいのか終わってほしくないのか…
正直、微妙なところです。

友達にも、うわべは「夏休み楽しみ~~」とか言ってるわけなんですが、
終わってしまったら、あとは無変化な堕落の3か月へ直行ですからね。




さて。

ここで割と大事なお知らせをします。


夏休み、僕は日本へ一時帰国します。

一時帰国っていうのは、要するに遊びに行くっていう意味です。
遊べないけど。


そのため、、、

6月入ってすぐ辺りから、
ブログの更新をしばらくお休みするかもしれません。


ちょっとネット環境が整うかが微妙なのと、
塾(帰国子女のための講座)に行くので、忙しくなるかもしれないためです。


暇の合間に更新できたらするつもりですが…
でも…日本の記事を書いてどうするんだorz

日記と、アメリカに関する分析の記事とかが多くなるかもしれないです。


そういうことなので…どうかこのブログとyonishを
生暖かい目で見守っていただけるとありがたいです。m(_ _)m




で。

学校も終わりということで、
今日は僕たちJunior(3年生)を対象に、
最終学年であるSenior(4年生)になる来年へ向けて、

少しお話などがありました。


内容はもちろん、「大学を決めなさい」ということ。


そうか…もうそんな時期なのか…なんて、ちょっと憂鬱な気分になったり。


渡された冊子には、うちの州の大学の情報や、
もらえる奨学金のリストなど…


ここで、ちょっと奨学金について。

アメリカではいろいろな種類の奨学金がもらえます。

例えば、各スポーツごとに、部活をやっていた生徒に対しての奨学金だったり、
アジア人・黒人など、いわゆる少数派(Minority)に対しての奨学金だったり、
さらには、
「左利き」だというだけでもらえてしまう奨学金もあるそうです。( 一一)
え、いいのかそれ…


ですが、それはアメリカ国民がアメリカの大学へ進むためのものであって…
日本へ帰る(予定)の僕には、あまり関係のない話なわけです。


やっぱり自分は他のアメリカ人とは違うんだなぁ…なんて、
話を聞いてる間にも、またまた変な気持ちになりました。



金銭的な問題というのはやっぱり大きいですよね。
僕は下に弟が2人いるのもあって、
やっぱり家のお金は節約しておきたいなという気持ちがあります。


だから日本へ帰ったら、国立に行きたいなと考えているのですが…


でもこれだけの奨学金がもらえるなら、
もしかしたらアメリカに残るのも手なんじゃないかな…なんて思ったりもします。

もし条件が同じなら、日本へ帰りたいのが本音なんですけどね。
VISA(アメリカへの居住許可)の取得や、生活費諸々の課題もありますし。




今はまだ、時間はあるからと結論は先延ばしにしています。
ですが、いずれそんなことも言っていられなくなるはず。


悩むべきか、いっそバシッと決めてしまうべきなのか。
この長い夏休みに、果たして結論を出せるのか…


このジレンマを、いつになったら乗り切れるのか。



来年の僕は、果たしてどんな決断を下しているんだろう。


スポンサーサイト
この記事をシェアする!
拍手する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。