Analyzer

アメリカに住んでいた、ある高校生の記録。 (元ブログ名「星条旗と俺。」)

スポンサーサイト

Posted by yonish on

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

この記事をシェアする!
拍手する

届かない教科書

Posted by yonish on   6 comments   0 trackback

今日は日本語補習校の話です。

日本語補習校は毎週土曜日にあり、
うちの補習校では、

中学部では国語・数学・社会、

高等部では、
1年生は現文・表現・古典数学I・A
2年生は現文・表現・小論文数学II
3年生は現文・小論文現代社会

の授業があります。
(補習校ごとに教科のチョイスは違います。)


もちろん、ここに無い教科は必要に応じて自分で勉強するか、
現地校(アメリカ現地の英語の学校)で習うしか方法がありません。

うちの補習校には理科は全く無く、数B以降も無いので…
理系を目指す僕には辛いところです。
(帰国子女は英語ができる=文系が多い、という背景があります。)


しかし、そんな限られた日本語の授業を受けられる唯一の機会なので、
僕はできるだけ授業にはサボらず参加するようにしています。
(まぁ、親がサボるのを許してくれるはずがないんですが。)



でも、今年度はちょっとした問題がありまして…

…実は、教科書が日本から届かないのです。


3月の東日本大震災の影響で、
アメリカへ配達できる郵便が限られているらしく。


今のところ届いているのは国語と数学のワークと、小論文の教科書、
そして数冊の数学の教科書のみ。

僕はさらに理科系の教科書も追加注文してるんですが…来ない…


こんなところまで震災の影響が…(-_-;)

まぁ授業の時には先生が教科書をコピーしてくれるので、一応何とかなってはいますし、
海外にいる今、こういった形で被災者に貢献できるならそれでいい気もするんですが…


でも届かないとやっぱり不便ですよね。
予習とかもできませんし。


もう2か月近くたっているので、そろそろ届いてくれてもいい気がするんですが(^_^;)



ちなみに、うちのクラスは全部で8人…
男子4人女子4人です。

しかし今年の夏にはさらに2人帰る予定で…
来年の冬にも1人帰ることがほぼ決まっています。

僕を含め、こちらの高校を卒業する予定の人は残りの5人


寂しくなりそうだなぁ…(゜-゜;)


補習校は日本語を喋れる貴重な機会なので、僕は楽しみながら行っています。
土曜日が潰れてしまいますが、慣れてしまうとどうってことありません。

むしろ2日休みがあると長すぎて…( 一一)笑


誰か新しく入ってくる人いないかなぁ…(゜-゜)
でもこの時期だと…ないかorz



教科書も届いてほしいなぁ…(-_-;)笑


スポンサーサイト
この記事をシェアする!
拍手する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。