Analyzer

アメリカに住んでいた、ある高校生の記録。 (元ブログ名「星条旗と俺。」)

スポンサーサイト

Posted by yonish on

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

この記事をシェアする!
拍手する

AwesoMath

Posted by yonish on   2 comments   0 trackback

Awesome + Math = AwesoMath
…いま咄嗟に思いついたダジャレです。すみません(


アメリカはそろそろ学年末なので、
授業ももう終わりムードで、
教科によっては今年の内容が全部終了したところも出てきました。


しかし、アメリカの授業では学校ごとに授業の内容なども違ってくるため、
教科書の中でも、する予定のない部分などが残っていたりします。


そこで、ちょっと名残惜しいので数学の教科書をパラパラとめくっていたら、
偶然「関数の回転」という記述を見つけまして…


(゜∀゜)!


実は以前から個人的に気になってたところだったんですね…

もう夢中になって読みました。って言っても数ページなんですけど。
納得でした。スッキリです。


やっぱり長年の疑問が解決された時って嬉しいですよね。

特に数学って、そういう疑問を感じることが多い教科だと思うんです。
アメリカは特に公式を覚えさせるだけの教育が多かったりするので、
なおさらその仕組みを知りたくなったりします。

そういう裏のロジックを知って疑問が解決される喜び…っていうのが、
やっぱり数学の醍醐味ですよね。


まぁ数学だけに限らず、全ての教科がそうなんですけどね。


実際にそれをどう使うかっていうのは、また別の話になってしまうかもしれませんが。


ちょっと実践したくなってMicrosoft Mathematicsでグラフしてみました↓
グラフ

ここからちょっと脱線。

どうしてこんなもの勉強するんだ!って言う人もいますけど、
勉強しないと見えない世界ってあると思うんです。

で、そういう人に限って、見えないことに文句を言う。


僕にはまだまだ知らないことがたくさんある。

僕は、自分の体内で何が起こって、どう生きているのかすら知らない。
世の中には不思議がたくさんあるんです。
当たり前すぎて気づいていないだけで。


自分の周りで起こってても、見えてないことって多いと思うんです。


自分に何が起こっているのかを知りたいから学ぶ。
これって十分な理由ですよね。



…あれ、眠気に任せて書いてたらだんだん数学関係なくなってきましたね…
おかしいな…(-_-;)笑


スポンサーサイト
この記事をシェアする!
拍手する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。