Analyzer

アメリカに住んでいた、ある高校生の記録。 (元ブログ名「星条旗と俺。」)

スポンサーサイト

Posted by yonish on

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

この記事をシェアする!
拍手する

帰ってきました

Posted by yonish on   0 comments   0 trackback

旅行から無事帰ってまいりました。
ただいまです!ヽ(´∀`)ノ


今回は、カナダ側へ渡ってきた橋が一時閉鎖される等、
ちょこちょこトラブルはありましたが、
とりあえず帰ってこられたので一安心…です。。


今回の旅行は短めだったので、旅行記は挫折せず書けそうです。
ラスベガスは長すぎてちょっと…(-_-;)汗
写真を探すのに苦労してます。すみません…( 一一)



日本へ一時帰国するまでにもうあまり日もありませんが、
またよろしくお願いします。


スポンサーサイト
この記事をシェアする!
拍手する

またお休みorz

Posted by yonish on   2 comments   0 trackback

諸事情により本日二投目(前の記事:卒業証書、授与?)ですが…

試験終わりました!ヽ(´∀`)ノ


結果はそこそこ。
ちょっと数学でアホなミスをした以外は、一応まぁまぁの出来でした。



そして遂に…




夏休みキタ━━━━━━(゜∀゜)━━━━━━!!


これで、学校終わってあとは堕落した生活へ急降下( 一一)







…とその前に。


テスト終わったばっかりでやっとブログ更新できる…と思ったんですが…



今週末から月曜にかけて、どうやら旅行に行くそうで…(-_-;)

本当に申し訳ないです。


実は僕も、この話は金曜の朝に両親から聞きまして(汗
「明日補習校終わったら行くよー」と。

…言うの遅すぎだろ…


(-。-)y-゜゜゜ハァ…
もうなんか呆れました。
でも反対しても疲れるし、面倒なことになるだけなんで…orz




ちなみに、行き先はナイアガラの滝。
場所ってよく知らなかったんですが、あれってニューヨーク州にあるんですね。
もっと五大湖の西の、シカゴ辺りにあるのかと思ってました。


どうせなので天気も晴れてほしいところですが…
雷の予報なので、ちょっと今のところは微妙ですね。。




そういうことで…
ブログの更新がまた止まると思うんですが…

本当にすみません(*_*;


この記事をシェアする!
拍手する

卒業証書、授与?

Posted by yonish on   0 comments   0 trackback

今日は弟のMiddle Schoolの卒業式(Graduation Promotion)でした。


ちなみに、去年は一番下の弟がElementary Schoolを卒業しました。
そして来年は僕のHigh Schoolの卒業式…

忙しい家です(^_^;)笑


卒業式。
Graduation Promと呼ばれます。



ご覧のとおり、日本と比べるとだいぶカジュアルな感じの式です。
日本の中学の卒業式だと、親もスーツを着てくる人がほとんどですが…

見渡すと、ジーンズで来ているアメリカ人もちらほらと。
(もちろん正装の方も多いです)



で、さらに生徒の方も。

服装もまちまち。
真ん中の青い席が用意されているのが卒業生。
特に制服などはありません。


ちょっと画像だと分かりにくいですが、
皆思い思いの正装をしてくるため、統一感がありません。


また、在校生も出席しないため、
先生と卒業生とその家族だけでのイベントになります。




そして、何より違うのが…

卒業証書がメインではないこと。


日本では卒業証書授与と来賓のお話で式のほとんどが潰れてしまうわけなんですが…

アメリカの卒業式はどちらかというと、表彰式。


つまり、在学中に生徒が受けた様々な功績を表彰するのがメインなのです。
(高校の卒業式に関しては見たことないので分かりませんが)



各教科の先生が壇上に登り、
その先生のクラスで優秀な成績を修めた生徒の名前が呼ばれ、表彰状が手渡されます。

もちろん全ての教科なので…結構時間がかかります。(^_^;)



式のプログラムも、ほとんどがこの表彰で埋め尽くされています。
(画像あったら今度上げます。)



表彰が終わると、校長先生ともう一人の先生から順番にお話があり。
(お話の諸所にジョークが含まれてるのは当然のこと。。)


そして最後に、校長先生が一人一人に卒業証書を手渡します。


これで式は終了。
お疲れ様でした。



表彰があると、やっぱり学業の励みになりますよね。
日本でもあるところはあると思いますが、
もっと積極的に取り入れてもいいんじゃないかな?


また日本だと卒業式はシーンとした感じですが、
アメリカはやっぱり…自由奔放な感じですね。



余談ですが…
先生が名前を読み上げている途中に、
「He's my brother!」と叫んだ子がいました( ̄▽ ̄)
すると、どこかから「He's my grandson!」と、
対抗して叫ぶおじいちゃんの声…Σ(゜Д゜;)

みんな笑ってました。


こういうところにも文化の違いを感じさせられます。



ちなみに式は午後7時に始まって、9時くらいに終わりました。
アメリカは何かと夜に開催するのが好きですからね( ̄▽ ̄)
式中、ちょっと眠かったのはヒミツです。




とりあえず…

弟よ、卒業おめでとう!(`・ω・́)ゝ



弟は、来年から晴れて僕と同じ高校に通う予定です。
…何かフクザツな気分です( 一一)笑


この記事をシェアする!
拍手する

Final Exam

Posted by yonish on   2 comments   0 trackback

1000ありがとうございます!

これも全て、ブログを見てくださっている皆さんのおかげです。

これだけ多くの方に見ていただけて感謝感激雨アラレです。
記事を書いた甲斐があるというものです。



そんな傍からなのですが、
ブログの更新がちょっとばかり滞ります。
と言っても、最近はもともと遅めでしたが。。


今週は今年度の最終週のため…学年末試験があるので。。


学年末試験は日本だと2月とかに終わってたりしますが、
うちの学校では最後の3日間に行います。

なぜこんなギリギリなのか…(-_-;)



とりあえず、ここで一年分をパーにするわけにもいかないので…
頑張ってきます!(`・ω・́)ゝ


この記事をシェアする!
拍手する

教科書キターーー

Posted by yonish on   2 comments   0 trackback

前の記事で言っていた教科書が…

遂に届きました!ヽ(´∀`)ノ


教科書


いやぁ…待ちましたよ。



でもこれって…勉強しなきゃいけないってことですよね…?( 一一)

………ぐぐぐ。

計10冊(+数II)。
140ドル(=1万1000円くらい)超えました。
定価だと8000円くらいだったんですが…orz
元取らないと。



では、ちょうど似たような感じのテーマがあったトラバ。

こんにちは。 トラックバックテーマ担当の藤本です。今日のテーマは「得意科目はなに?」です。学校に通っている方、または通っていたとき皆さんの得意科目はなんですか?私の得意科目は「美術」でした絵を描くのが昔から好きで、特に美術の時間は本当に楽しかったです美術以外の成績は良くなかったのですが美術だけは良かったです今現在の職業は美術に関係してませんが皆さんはどうですか?得意科目をそのまま職業に盛り込んでる...
トラックバックテーマ 第1198回「得意科目はなに?」




得意な科目…そうですね…

とりあえず…英語?
でもこれは…ちょっとズルいですかな( ̄▽ ̄)


他に得意なのは、数学とか。
日本に戻るとそんなにダントツで得意ってわけでもありませんが。
でも好きですよ。数学は。


あとは化学も好きですね。



話は逸れますが、好き得意って違うと思うんです。
好きこそものの上手なれとは言いますが、
だからって苦手な教科を好きでいていけない理由はない。


秋山 仁っていう数学者がいます。
前に世界一受けたい授業にも出てました。


この人は小学校、中学校とずっと数学が苦手だったそうです。
でも、好きだった。

結果として、NHKの数学講座の先生になるまでになったそうです。


苦手なものを苦手と感じ続けながら続けるのは辛いかもしれません。
だから、たいていの人は得意なもの=好きなものになっている。
それは確かに幸せなことです。

でも、本当に好きな、譲れないものなら、続けていく価値はある。
そう思います。若輩者ながら。


自分に関して言えば、これは大きな選択という意味で、
将来の職業選択と重なっていると思います。

好きなことがある、でも、将来性が見えない。
そういうことはたくさんあります。

僕はプログラミングが好きです。
でもこれで食って行っていいもんなんだろうか。


結論としては、プログラミングは続けます。
でもそれはあくまで趣味の範囲で、職業にはできないと思ってます。

しかし、形はどうであれ、続けていきたい。
こうやって妥協するのもアリですよね。

何にせよ、好きなことを持っているって大事だと思います。



…ということで、僕の得意な教科は数学と化学でした!(汗


この記事をシェアする!
拍手する

Dilemmatic

Posted by yonish on   8 comments   0 trackback

ついに、学校も残すところ1週間

終われば、あとは8月半ばまで夏休み。



でも終わってほしいのか終わってほしくないのか…
正直、微妙なところです。

友達にも、うわべは「夏休み楽しみ~~」とか言ってるわけなんですが、
終わってしまったら、あとは無変化な堕落の3か月へ直行ですからね。




さて。

ここで割と大事なお知らせをします。


夏休み、僕は日本へ一時帰国します。

一時帰国っていうのは、要するに遊びに行くっていう意味です。
遊べないけど。


そのため、、、

6月入ってすぐ辺りから、
ブログの更新をしばらくお休みするかもしれません。


ちょっとネット環境が整うかが微妙なのと、
塾(帰国子女のための講座)に行くので、忙しくなるかもしれないためです。


暇の合間に更新できたらするつもりですが…
でも…日本の記事を書いてどうするんだorz

日記と、アメリカに関する分析の記事とかが多くなるかもしれないです。


そういうことなので…どうかこのブログとyonishを
生暖かい目で見守っていただけるとありがたいです。m(_ _)m




で。

学校も終わりということで、
今日は僕たちJunior(3年生)を対象に、
最終学年であるSenior(4年生)になる来年へ向けて、

少しお話などがありました。


内容はもちろん、「大学を決めなさい」ということ。


そうか…もうそんな時期なのか…なんて、ちょっと憂鬱な気分になったり。


渡された冊子には、うちの州の大学の情報や、
もらえる奨学金のリストなど…


ここで、ちょっと奨学金について。

アメリカではいろいろな種類の奨学金がもらえます。

例えば、各スポーツごとに、部活をやっていた生徒に対しての奨学金だったり、
アジア人・黒人など、いわゆる少数派(Minority)に対しての奨学金だったり、
さらには、
「左利き」だというだけでもらえてしまう奨学金もあるそうです。( 一一)
え、いいのかそれ…


ですが、それはアメリカ国民がアメリカの大学へ進むためのものであって…
日本へ帰る(予定)の僕には、あまり関係のない話なわけです。


やっぱり自分は他のアメリカ人とは違うんだなぁ…なんて、
話を聞いてる間にも、またまた変な気持ちになりました。



金銭的な問題というのはやっぱり大きいですよね。
僕は下に弟が2人いるのもあって、
やっぱり家のお金は節約しておきたいなという気持ちがあります。


だから日本へ帰ったら、国立に行きたいなと考えているのですが…


でもこれだけの奨学金がもらえるなら、
もしかしたらアメリカに残るのも手なんじゃないかな…なんて思ったりもします。

もし条件が同じなら、日本へ帰りたいのが本音なんですけどね。
VISA(アメリカへの居住許可)の取得や、生活費諸々の課題もありますし。




今はまだ、時間はあるからと結論は先延ばしにしています。
ですが、いずれそんなことも言っていられなくなるはず。


悩むべきか、いっそバシッと決めてしまうべきなのか。
この長い夏休みに、果たして結論を出せるのか…


このジレンマを、いつになったら乗り切れるのか。



来年の僕は、果たしてどんな決断を下しているんだろう。


この記事をシェアする!
拍手する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。