Analyzer

アメリカに住んでいた、ある高校生の記録。 (元ブログ名「星条旗と俺。」)

スポンサーサイト

Posted by yonish on

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

この記事をシェアする!
拍手する

Pledge of Allegiance

Posted by yonish on   2 comments   0 trackback

Pledge of Allegianceは、日本語では「忠誠の誓い」と訳されます。
要は、アメリカへの忠誠を誓うフレーズです。

"I pledge allegiance to the flag of the United States of America, and to the republic for which it stands, one nation under God, indivisible, with liberty and justice for all."

pledge - 誓う
allegiance - 忠誠
republic - 共和国

訳すと…

"私はアメリカ合衆国の国旗と、神のもとに一つのこの共和国、そして万人に与えられた正義と自由に忠誠を誓う。"


みたいな?(^_^;)



訳すのって難しいですね。
そうでなくても面倒な文章だってのに 笑

Wikipediaさんの記事はこちら。



とにかく、アメリカではこれを毎朝言わされます。

朝の放送で先生が[Please stand for pledge!」と叫ぶと、
生徒がみんな一斉に起立して、手を胸に当てて、
旗の方を向いて、この呪文を唱え始めます。


うちの高校では、どの教室にも国旗が掲げられています。


この奇妙な光景は一見する価値があるんじゃないかなーと思います。



日本では国旗に対して敬意、なんて迂闊に言うとバッシングを受けそうですが、

アメリカではそれが当然の行為とされています。

日本の戦時のように、家の前に国旗を飾っている光景も良く見かけます。
親戚に軍関係の人がいる家なんかは特に。



日本人的にはやりすぎと思わないこともない。


でも、こういうのもアリなんじゃないかな、とも思います。

というか、愛国主義(patriotism)を公にするだけで右翼(conservative)呼ばわりされる日本も、
また異常と言えるんじゃないでしょうか。



自分の住む国を愛して何が悪い。

もっとも、行き過ぎてそれが国家主義(nationalism)になれば、
戦争の原因にもなり得ますが。



難しい問題ではありますけどね。

でも、自分の国を思うことは悪ではない。そう思います。


スポンサーサイト
この記事をシェアする!
拍手する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。