Analyzer

アメリカに住んでいた、ある高校生の記録。 (元ブログ名「星条旗と俺。」)

スポンサーサイト

Posted by yonish on

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

この記事をシェアする!
拍手する

Which Book to Read?

Posted by yonish on   0 comments   0 trackback

ちょうど今野田さんが民主総裁になりました(゜o゜)
頑張ってほしいですね。。




アメリカの学校で、指定された中から本を選んで、
その本についていろいろ調査をするという、
大きなプロジェクトが出されたのですが…

どの本を読んでいいのかわからないorz


まず僕の場合、「どの本が読みたいか」ではなく、
「どの本が読めるか」というレベルから始めなければならないので、
あらすじ的なものを読んでもイマイチ決められなくて…(-_-;)


まずページ数で絞ります。
700とかいうのはまず無理ですね。
読むだけで時間もかかりますし、疲れてしまいます。

そこで100ページ強程度のものを課題図書からリストアップしていくのですが、
まだどれを読めばいいか分からない。


次のフィルターは、日本語訳があるかどうかですね。
一応英語で読むつもりですが、もしもの時に役に立ちますし。


そんなこんなで結局絞り込んだのが、だいたい5冊くらい。

さて、あとは文章の難易度で絞り込もう…そう思いました。

…どうすればいいのだろう。


ここで…この間、
TOEFLの結果の封筒に同封されていたチラシのことを思い出しました。


Lexile Measure…?

Lexile Measure



このサイトでは、TOEFLのスコアなどから、
「Lexile Measure」なるスコアを算出し、
このスコアに従って、自分のレベルに合った本を選んでくれる、ということです。

これを使って、ちょっと僕に合った本を調べてみることにしました。

僕のTOEFL Readingスコアは18。(汗
Lexile Measureは1215Lでした。

課題図書のスコアは、というと…
「The Alchemist」…910L
「The Stranger」…880L
「1984」…1090L

…というような感じ。


さらに凄いのは、それぞれの本のページで、自分のスコアを入力すると、
その本をどれくらい理解できるかの目安が表示されるところです。

例えば「The Stranger」だと、大体93%の内容が理解できる、と。

これは便利です。


もちろん目安に過ぎないんですけどね。
僕は会話文の読解とかがちょっと苦手なのですが、
そういう部分はTOEFLでは測定されにくいですし。

でもちょっと参考にしてみましょうかね。。


と言っても…
実は「1984」だけは夏休みの課題で読んだので…

内心これに決めようかなと思っちゃってたりするのですが( ̄▽ ̄)ぁ

他の本を読んでも良いのですが、成績維持が最優先ですので。
もしものときの訳本も持ってますしね。



ちなみに、有名どころの
「ハリー・ポッター」はどれくらいなのかなぁ…
と気になったので調べてみると。

「賢者の石」…880L
「秘密の部屋」…940L
「アズカバンの囚人」…880L
「炎のゴブレット」…880L
「不死鳥の騎士団」…950L
「謎のプリンス」…1030L
「死の秘宝」…980L

あれま、結構難しいのね(-_-;)


これをアメリカの小学生が読んでいるってことは…

もっと英語勉強しないと(;一一)汗


スポンサーサイト
この記事をシェアする!
拍手する

That's so gay

Posted by yonish on   5 comments   0 trackback

※この記事は「gay」という単語に関して焦点を当てており、
同性愛に関する意見、及びそれを批判する意思は一切含まれません。
従って、そのようなコメントも一切お断りさせていただきます。ご了承ください。



昔むかしあるところに、ホンヤク国という国がありました。
ある日王様のyonishは、4人の家来を集めて言いました。


Q1.
俺「『You’re so gay!』を訳しなさい。」

A.
Yahoo!翻訳(以下Y!):
You're so gay! by yahoo
「あなたは、とても同性愛者です!」


excite翻訳(以下ex):
You're so gay! by excite
「『あなたはとても同性愛者です!』だろwww」


Google翻訳(以下G):
You're so gay! by google
「いやwww違ぇしwww『あなたはとても陽気だ!』に決まってんしwww」


Bing翻訳(以下B):
You're so gay! by bing
「だよなwww『あなたはとても陽気です!』だしwww」


俺「正解は…どっちもあり得る…」

Y!・ex・G・B:「(´・Д・`)」


Q2.
俺「『That’s so gay!』を訳しなさい。」

A.
Y!:
That's so gay! by yahoo
「それは、とても同性愛者です!」


ex:
That's so gay! by excite
「同意…『それはとても同性愛者です!』」


G:
That's so gay! by google
「いやいやwww『それはとても陽気です!』だしwww」





B:
That's so gay! by bing
「これは…『これはゲイです!』かな?」

G「寝返りやがったなBingこのヤロォオオオ!(゜Д゜#)」




俺「ゼンインハズレー」

Y!・ex・G・B:「(゜∀゜#)?」






gayという単語には、本当にいろいろな(しかも関連性の見えない)意味があります。

日本で広く使われているのはやっぱり「同性愛者」という意味でしょうか。
さらにgayには「楽しい」という意味もあり、
普通にこの意味で使われてもいるので、訳す場合は注意が必要です。

しかし、アメリカ人が「That’s so gay!」と言う場合は、
実はこのどちらでもない場合があります。

ではWikipediaの「Gay」の項目を見てみましょう。

The term gay was originally used to refer to feelings of being "carefree", "happy", or "bright and showy"; it had also come to acquire some connotations of "immorality" as early as 1637.[1]

The term's use as a reference to homosexuality may date as early as the late 19th century, but its use gradually increased in the 20th century.[1] In modern English, gay has come to be used as an adjective, and occasionally as a noun, referring to the people, especially to men, and the practices and cultures associated with homosexuality. By the end of the 20th century, the word gay was recommended by major style guides to describe people attracted to members of the same sex.[2][3] At about the same time, a new, pejorative use became prevalent in some parts of the world. In the Anglosphere, this connotation, among younger speakers, has a derisive meaning equivalent to rubbish or stupid (as in "That's so gay."). In this use, the word does not mean "homosexual", so it can be used, for example, to refer to an inanimate object or abstract concept of which one disapproves. This usage can also refer to weakness or unmanliness. When used in this way, the extent to which it still retains connotations of homosexuality has been debated.[4][5]


以下、セルフ翻訳by俺。

「Gay」という単語は、元々は「気楽な」、「楽しい」、「輝いた、派手な」といった心の状態を表すのに使われた。さらに1637年頃には、「モラルがない」という意味も含むようになった。

この単語が「ホモ」の意味を持ち始めたのは19世紀末ごろで、この意味は20世紀に入ってからさらに強くなった。
現在の英語では、gayは形容詞、時に名詞として使われており、ホモの気質をもった人のうち、特に男性を示す場合が多い。
20世紀末には、gayは同性との恋愛を好む人々を指す言葉として広く認識されるようになり、同時に軽蔑的な意味合いも一部では普及した。
また、この単語は英語圏の若い世代の間で、「That’s so gay」という用法に見られるような、「バカ、つまらない」と似た、嘲笑的な意味合いも持つようになっている。この用法では、この単語は「ホモ」という意味を持たず、つまらないものや、自分とは対立的な弱い意見に対しても使われる。これに加えて、弱い、女々しいといった意味を持つ場合もある。
これらの用法については、元来のホモという意味から派生したかどうかについての議論が交わされている。




そう、答えは「そりゃクソだな!」という意味なのです!

ヘヘヘ、参ったか翻訳サイトめ(
…すみません。お世話になっております。


でもこの意味、まだあまり辞書には載っていないようで…
Dicrionary.comを見てみましたが、やっぱり元の意味しか載ってない。
天下のDictionary.com様がぁああああ!(


どこか載ってないかなぁ…と探してみると。


おっ!?(゜∀゜)


Oxford dictionary – gay
3 informal foolish; stupid: making students wait for the light is kind of a gay rule

Oxford様が載せていらっしゃいました。さすがです。拍手する(ぇ


英単語には複数意味のあるものが多いですね。
しっかもそれが紛らわしかったりしますからね。


さらに、時とともに意味が変わって行く場合もあります。
例えば、現在では「That’s cool!」は「かっけーーー」という意味で使われますが、
昔は冷たいという意味しかなく、今の意味になる過程でも、一時は逆の意味で使われていたとか。
niceにも似たような歴史があります。

こういうスラングって言うのは本当にすぐに変わりますからね…
流行を常に追うのは難しいです。


「…それじゃあ、どうすればいいの?」


面倒なときは意味を無視して、行間を読むのが一番楽です。
"that’s so gay…" だって、様子を見てれば意味なんて察せるわけですから…


にしても機械翻訳は…いつになったらマトモな翻訳ができるようになるのやら。
アルゴリズムには個人的にちょっと興味がありますがね…( ̄▽ ̄)


しかし、自然な訳になるのはまだまだ先でしょうね。
well... that's so gay, isn't it?


この記事をシェアする!
拍手する

Math Vocabulary

Posted by yonish on   4 comments   0 trackback

最近更新が滞ってましたが、一応真面目なことをシテイタンデスヨ!( ̄▽ ̄)ノ

ちょっと思い立って、
英語の数学の用語集でも作ってみようかなと思い。
(まだ試験中なので単語はほとんどありません。
 デザインもまだ決定ではありません。どーなることやら…汗)

とりあえずある程度追加したので、「試験中」はやめました。
しかし、まだまだ載せてない単語はあると思うので…
好評受付中です。


Math Vocabulary

#追加順 重要 English Japanese レベル 備考 ルビ(検索用)
#追加順 重要 English Japanese レベル 備考 ルビ(検索用)


#144はdimensionのスペルミスです。修正は次回更新までお待ちください。

以下テクニカルなお話。

せっかくなのでちゃんとやろうと思って、
JavaScriptを書いてみたんですが、、、

JSでのCSVデータの読み込み方が分からなかったので…(-_-;)
(ってか同じドメイン上からしか読み込めないんですね…)

結局CSVからJSへの変換はC++で書きました。
ある程度マトモに扱えるのがC++だけなので…
Vectorの練習になったのでそれはそれで良いのですが。。。



単語増やしていきます。待っててください。ヽ(´∀`)ノ
ご要望等あったらコメしていただけると非常に嬉しいです。



この記事をシェアする!
拍手する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。