Analyzer

アメリカに住んでいた、ある高校生の記録。 (元ブログ名「星条旗と俺。」)

スポンサーサイト

Posted by yonish on

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

この記事をシェアする!
拍手する

サクラサク

Posted by yonish on   14 comments   0 trackback

東大帰国枠は18日に面接があり、22日が合格発表。


22日は後期試験の合格発表日ですが、その脇に少し小さめの板が立てかけてあり、
「外国学校卒業学生特別選考」合格者の受験番号が掲示されます。

今年からはネットでも番号が見られますが、日本の趣を感じたくて番号を見に行ってきました。
発表の時間は13:00ですが、早めに掲示されると聞いて12:30に行ってみると、もうすでに人だかりが。
早すぎだろ…と思いながら見に行くと、確かにもう掲示されている。



受かるも八卦、受からぬも八卦。

















東京大学理科I類


合格しました!!!(*^_^*)






ホント長かったです。
6月からずっと勉強してて…。

ここまで来られたのも、周りの皆さんの協力があってこそです。
本当に感謝しています。

ありがとうございました。


大学なんてものはやっぱり一つの通過点にしか過ぎないのかもしれませんが、
こういう形で自分の努力とか能力が認めてもらえたことは、素直に喜ぶべきことだと思います。

最初は信じられなくて、
番号を自分の目で見たのに「これ東大が間違ってるんじゃね?」とか思ったりして…。
昨日合格通知が届いて初めて実感が湧きました。



今年は数年ぶりに理科III類の合格者も出ました。
理科I類の合格者は4人。

落ちてしまった友達もいます。
正直、もうちょっと受かるかなと思ってました。
例年に比べるとみんなレベルが全然違うと思いますし…。
統一試験のスコアだってみんなかなり高いわけなので。。

その友達のことを考えると、喜んで良いのかもわかりません。
でも、誰かが落ちるから受験なわけで、誰が受かるかはもう運の要素が大きいわけで。
大学が全てではありません。
だから…これからもみんな、活躍して行くことができればいいと思います。



東大理I受かったって言ったら、
知り合いなら大体、これが誰なのかなーっていうのは予想がつくんじゃないかな。
ブログにこんなタイトル付けそうな奴はそういないだろうと(
特定しても黙っといてください。
一部にはもうバレてますが!笑



みんな頑張れ。

ブログを見ている後輩たちも頑張れ。




これからも頑張ります。
(ブログ更新も含めて…。笑)



応援してくださった皆さん。
支えてくださった周りの人。


本当にありがとうございました。m(_ _)m


平成25年3月24日
yonish


スポンサーサイト

この記事をシェアする!
拍手する

Comment

A.I. "はじめまして"
はじめまして&合格本当におめでとう御座います!

6月から半年以上 受験勉強をあきらめずに続けられて本当凄いです。。 尊敬してもしきれないです・・・・

私は今年(2014年度)帰国受験なので、yonishさんに少しでも近付ける様に頑張りたいと思います。

4月からの大学生活存分に楽しんでください!!!

(今までブログ拝見させてもらっていたんですが、yonishさんの受験が終わったらコメント書こう(謎)と心に決めっていたので今まで書き込みませんでした。 やっとこれで書けます笑)

  
2013.03.23 19:21 | URL | #- [edit]
R.O "こちらもはじめましてです!"
一昨年の10月くらいからずっとブログを拝見させてもらってました。おそらく上記の内容から察しますと予備校は違いますが、僕も2013年度の帰国入試の受験生でした。
SATやTOEFL、そして帰国後の小論文や面接も大変だったのでそれについてのブログを書いてくれるyonishさんがいてくれたからこそ、大変な思いをしているのは自分だけじゃないと思えるようになり、受験に専念することができました!
東大合格おめでとうございます!
大学入学後もブログを続けて下さい!yonishさんのこれからの活躍にも期待してます!

2013.03.23 21:57 | URL | #BhuylY6U [edit]
thtl "おめでとうございます!!!!!!!"
ブログを開いたら桜色、そしてタイトルを読んで夜中ですが大きな声を出してしまいました。本当におめでとうございます。
これからのブログが益々楽しみです!
今回は名前を間違えませんでした(^。^)
2013.03.24 01:19 | URL | #- [edit]
あんじぇりか "めでたい!"
めでたいことがなく春もまだ来ない中西部でぐずぐずしていた私に嬉しい合格報告です。

おめでとう!

良く頑張りました。

大学は入ることに意味があるのではなく、入ってからこそ勉強です。
何を学び、何をして働くのかを考えましょう。
社会に還元するとは何か?

大きな挫折を経験するのは大変だけど、小さな挫折はしっかり経験してください。
これが社会人になった時に役立ちます。

大学生にしかできない遊び(って未だに?ですが)も満喫してしっかり学んでください。

4半世紀以上前に大したことのない大学を卒業した私が思うことです。

最近見つけたブログです。
このお嬢さんもなかなかすごいです
http://ameblo.jp/xoxojar/
2013.03.24 14:16 | URL | #OqRxs5FU [edit]
ted "おめでとうございます"
数ヶ月前にこのブログを見つけてからずっと読ませていただいていました。
東大合格おめでとうございます!!!!!

今夏~来春の受験生として、とても参考になります!
大学生活楽しんでください!
2013.03.25 13:06 | URL | #- [edit]
るい ""
おめでとうございます!

いつもこのブログを参考にさせていただいておりました。
あなたぐらいの子供がいる母親ですが、本当に自分の子のことのように嬉しく思います。
本当に合格おめでとうございます。

2013.03.27 18:41 | URL | #lJ6.ovOo [edit]
yonish "Re: タイトルなし"
コメント遅くなって申し訳ありません。

◇A.I.さん
はじめまして!(*^_^*)
ありがとうございます!
今までブログを見てくださっていたというのも嬉しいです!

今年受験ですか…いよいよですね!
どこかの予備校に通われるのでしょうか?
受験は長いですが、仲間が要れば大丈夫です。
辛いときは…いつでもいらしてください!笑

応援しています!頑張れ!


◇R.Oさん
はじめまして!!
R.Oさんも今年だったのですね。

帰国入試は特殊ですし、挫けそうなこともありますが…
だからこそ、仲間を見つけるとホッとするというのは僕も同じです!
もっと早くコメントくだされば一緒に応援し合えたんですが!笑
でもありがとうございます。(*^_^*)

R.Oさんも、これからも頑張ってください!


◇thtlさん
名前合ってますね!笑

ありがとうございます!!
中身を読まなくてもタイトルと背景で結果が分かっちゃいますね。。笑
それでも、わざわざコメントありがとうございます!笑

これからも頑張ります!m(_ _)m


◇あんじぇりか さん
ありがとうございます!
中西部はまだ寒いでしょうか…。

東大に受かっても、それで満足するつもりはないです。
例え就職が安泰だったとしても、それがゴールだとも思ってないです。
さすがにノーベル賞とか取ったら満足しても良い気はしますが!笑

落ちたら落ちたで、それも経験だと思って諦めようと決めてましたが…。
受かってしまったからには、落ちた人の分まで頑張ります。
遊びも…まぁ、頑張ります!笑

教えていただいたブログの方もなかなか波瀾万丈な経験をされているようで…(゜o゜;)
僕も学年は繰り上げてますし、
弟の編入に関しても、それなりに教育委員会と話し合いなどありましたが…笑
でもそこまでじゃないです!
やっぱり帰国子女って特殊なんだ、と改めて感じました。
こういうブログがもっと増えて、後々の人たちのためになればと願っています。


◇tedさん
初めまして!
ありがとうございます!(*^_^*)

今年受験されるのですね!!
頑張ってください!
何かあれば、またお気軽にコメントくださいね。

応援してます!!


◇るい さん
ありがとうございます!(*^_^*)
しかも太字で!笑

そう言ってもらえると、ブログをやってて良かった…と思えます。
ありがとうございます。m(_ _)m
2013.03.28 01:09 | URL | #- [edit]
翔@カナダ ""
yonishさん、合格おめでとうございます!!!
大学はじまっても、ブログ続けてください。楽しみにしています。


2013.03.30 10:32 | URL | #mQop/nM. [edit]
Chicago ""
yonishさん、合格本当におめでとうございます!!尊敬します先輩!!私もサイン欲しいです。
これからもお互い頑張りましょう。ではまた東大で!

2013.03.30 22:39 | URL | #- [edit]
ねこにゃんちゃん "キリシタン宣教師の暗躍"
題: キリシタン宣教師、戦国の世に暗躍、大いに軍事活動に拍車をかけていく。
.
 『大曲記』には次の様に記す。
 「南蛮船よりきりしたん宗とてめつらしき仏法僧わたりけり
・・・かの宗ていに成るほとの者には過分の珎物をとらする間
しさいもしらん物ハ皆よくにちうして成物おおし」・・・と。
 これは、キリシタン宣教師が、「南蛮の珎(珍)物」と引き
換えに、キリスト教徒の獲得に努めていたことを伝える内容。
 つまり、珍しい南蛮の物を餌に使って、釣って、キリスト教
徒にしていたということを表している。
 「南蛮の珎物」とは、中国産の生糸や絹織物類をはじめ、ジ
ャコウ、白檀(びゃくだん)などの香薬類、鉛や硝石それに火
器などの軍需品であった。
 これらの国内非自給物資(国内では手に入らない品々)に、
当時の日本人たちがおおいに興味を抱いたのはやむを得ないこ
とだった。
 特に、戦国の浮き沈みの大きい世の中において、中小の大名
たちは家の浮沈がかかっていた。
 当然、キリシタン宣教師も、南蛮船舶載品に示した日本人の
強い「入手欲」を知り、それを利用し、キリスト教に勧誘した。
 日本の布教にあたって、布教先の政治実権者から『布教許可』
を獲得し、宣教・改宗活動を行っていくため、「南蛮の珎物」
を布教の許可を得るための手段として、懐柔する品として大い
に利用した。
 ザビエルも、日本人が武器を非常に大切にして、尊重し、「
よい武器を持っていることが何よりも自慢」としていることを
知り、「私はこれほどまでに武器を大切にする人たちをいまだ
かつて見たことがない」と書き残している。
 キリシタン宣教師たちは、鉄砲や大砲、硝石や鉛などの軍需
物資をもたらしていた死の商人であった。
 これらの軍需物資は、その入手が極めて困難であったため、
鉄砲などの場合、「長崎古事集1」には・・・
「其頃日本ニて鉄砲と云うもの不見馴重寶(宝)なる物とお
もひ、しハらくハ其名を重寶(宝)と名付」と言及されている。
 日本では「見馴れない物」であった。
 戦国動乱の激動期にあって、南蛮船の領内誘致を志向してい
た九州地方の大名たちは、「配下の中小領主の勢力のバランス
の上に自己の領国を支配し、周囲の大名相互の政治的確執ない
し抗争に対処せねばならなかった」。
 そして、そのためにも領国の富国強兵化を図らねばならなか
ったし、怠(おこた)ることのできない必須の努力目標であっ
た。
 その方策の一つが、南蛮船のもたらす硝石や大砲による、異
国の軍事力の獲得であった。
 新しい威力のある武器の獲得である。
 キリシタン大名である大村純忠の、南蛮船舶載軍需物資に対
する認識について、「長崎港草」には、
 「大村民部少輔純忠福田ノ地頭福田左京ニ申越シケルハ彼黒
船ハ鉄砲西洋砲ナドモ積乗セ来レバコレヲ他所ニヤルべカラズ
諸ノ軍器多シト云ヘドモコレニ勝ル者アルコトナシ」と言及し
ている。
 「他所へは絶対やるな。ワシのところへ持って来い」である。
 また、「豊薩軍記」巻之一には、田村紹忍が軍需物資の威力
について大友宗麟に対し力説している。
 「鉄砲石火矢を放ち掛は假令何十萬騎の敵なりとも退治は何
ぞ難からん・・・鉄砲石火矢は差て力らの勝劣にも依らす誰か
放かけたりとも如何なる鉄城石郭なりともなとか破らて有へき
と辦に任せて云ちらす」。
 キリスト教宣教師(イエズス会)は、軍事活動に拍車をかけ
ていく。
 キリシタン宣教師の行為は、本国の海外版図拡大事業の一環
として編入されていたことは紛れもない事実であった。
 そして、キリシタン宣教師たちは、本国の王から支援の金を
受け取っていた。
 日本への布教が、本国の国家事業(海外版図拡大事業)に包
含されていた。
 また、キリシタン宣教師の報告に、時の施政者が待遇良く遇
してくれたと記している書簡があるが、この書簡は、脚色され
ている。
 本国への報告の体裁を付けるべく美化した記述となっている。
 そして、よくあるキリスト教のプロパガンダ(嘘宣伝)とな
っている。
 真の、実態を表した報告書簡がある。
 それは以下の様な記述となっている。
 「我々は皆、(コレジオを)建設することよりも、どこに逃
げることができ、また我々が当地に擁しているこのわずかな(
キリスト教徒)をどこで救うことができるのか、ということの
方を考えることに忙殺されている」。
 そして、
 「日本で起こっている絶え間ない戦争と変動が原因で、我が
イエズス会員の生命と資産は、いつ滅亡に瀕するかもしれない
という大きな危険にさらされている」・・・と、訴えている。
 また、
 キリシタン宣教師たちは、キリシタン大名から南蛮船が入る
と関税を欲しがられたり(軍資金をせびられたり)、
 種々のいきさつから居留地の生活の地をいつ奪われるかを恐
れていた。
 その為、一定地にずーと居ることができない生活状況であっ
た。(処々を転々と移動した。南蛮貿易で得た利益を隠す理由
もあった)。
 しかし、肝心の保護すべきキリシタン大名(大村氏や有馬氏
など)は、有事の際に、キリシタン宣教師たちを保護・救済す
るどころか、逆に、キリスト教会からの保護と救済を受けねば
ならない様な状況だった。
 (キリシタン宣教師たちは、軍資金や食糧・武器の援助など
を与えたが、その費用は、彼らの年間経費の20~25%にも相当
する費用が充てられていた。
 キリシタン大名の有馬晴信は、竜造寺隆信と交戦中であった
時、特別援助金を要請し、特別援助として、彼らの年間経費の
10%に当たる額を特別出費してもらっている。
 キリシタン宣教師らの収入は、南蛮貿易の他、国王からの給
付金、ローマ教皇からの年金、インドの土地などの不動産など
から得ていた。
 しかし、収支は赤字であった。
 この様な事態において、彼らに、安全な場所を得る大きな必
要性が存在した。
 最も安全な場所・避難所として長崎が選ばれた。
 長崎の地は、自然の地の利も良かった。
 そして、彼等は、長崎を軍事要塞化して行く。
 キリスト教宣教師たちは、暴力による強制総改宗を行なって
いた。
 しかし、逆に、彼らに、宣教活動に不当な暴力を加えられた
場合、実力行使によって、戦争によってその不当を防御する行
為も行っていた。
 非常に戦闘的であった。
 そうして、そうする権利があるとして、武装集団化もしてい
た。
 教会内に武器も備えていた。
 そして、それは、大村氏や有馬氏が、援助を与えている割に
保護能力・保護行為が低かったからだった。
 そのため、彼等は、キリシタン大名の保護を見限って、自衛
の方向へ行った。
 この様なことからも、長崎の軍事要塞化への必要性が生まれ
た。
 塁壁や木柵を設け、長崎港の岬の一部を切り開き防御的に整
えたりした。
 そして、弾薬、武器、大砲を供給した。
 そして、妻帯した南蛮人を多く住まわせた。
 そして、兵士を配置し、全員に兵器を持たせた(武装兵士化)。
 長崎住民も兵士化し、塹壕を掘り、稜堡を作った。
 一重・二重の柵でも囲った。
 砦も築いた。
 船も持った。
 長崎住民の3万名に銃を持たせることができたという。
 (しかし、この3万名は眉唾との研究者の報告がある)。
 スペイン兵の日本派兵も要請した。
 また、この備えた武器を、戦時の時に、キリシタン大名に供
与したりしている。
 大砲などを供与して戦勝させた例もある(有馬氏と肥後領主
との戦い)。
 秀吉がキリシタン宣教師の追放令を出した後に、キリシタン
宣教師たちは、本国に「日本に国王の要塞」を持つ必要がある
と説いている。
 そして、国王は国王配下の200~300名の兵士によってそれ
を掌中にすることができると言っている。
 キリシタン宣教師たちは、本国の兵と積極的に関わり、日本
に要塞を作ろうとした。
 スペイン・ポルトガルに対日軍事進出を強く勧告している。
 秀吉のキリシタン宣教師の追放令は、公的にしたこの態度は、
キリシタンとのこの絶縁の意思は、ことの問題性を大きくして
行った。
 秀吉の意思に従うということではなく、逆に、キリシタン宣
教師たちの本国と日本との武力衝突の可能性を高めていった。
 キリシタン宣教師たちも、より大きな軍資金などの諸費用を
必要としていった。
 本国と強く関わらざるを得ない、拡大方向へ、事は動いて行
った。
 そして、キリシタン宣教師たちは協議し、フィリピンのスペ
イン総督へ兵の派遣を要請することになった。
 国家間戦争の容認と要請行為である。
 キリシタン宣教師たちは、「スペイン・ポルトガルの国家の
方針である『絶対主義的植民政策の尖兵』の性格」を如実に示
していた。
 殺戮のし放題だった南米・中米・北米メキシコ、及びその離
島の蛮行もこれだった。
 本国の力を頼りに日本の長・秀吉に盾突(たてつ)いて行っ
た。
 本国の軍事力を利用する悪漢の心根・心底が見せられた状況
となった。日本征服という顔を見せていた。
URL: http://blog.goo.ne.jp/hanakosan2009
2013.04.13 11:27 | URL | #4fB9XOpA [edit]
yonish "Re: タイトルなし"
◇Chicagoさん
ありがとうございます!(*^_^*)
サインですか…。考えときますね!( ̄▽ ̄)
着払いで送りつけますね。笑

じゃ、東大で!笑
2013.04.28 08:50 | URL | #- [edit]
"承認待ちコメント"
このコメントは管理者の承認待ちです
2013.09.28 11:28 | | # [edit]
"承認待ちコメント"
このコメントは管理者の承認待ちです
2015.02.15 08:04 | | # [edit]
"管理人のみ閲覧できます"
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2015.02.17 01:52 | | # [edit]

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://starsme.blog.fc2.com/tb.php/159-2b34f19d
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。